「投球制限よりも投球強度を」馬見塚尚孝氏が高校野球研究会で「高校生投手の障害予防」について熱弁!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.09

講演を行った馬見塚尚孝氏

 12月9日、東京都内の都立青山高校にて、第34回高校野球研究会が行われ、国立病院機構西別府病院スポーツ医学センターの副センター長を務めている馬見塚尚孝氏が講師として招かれた。
 今回は、スポーツ医学の視点から「高校生投手の障害予防」について語っていただき、ウォーミングアップの投球フォームのメカニズム、また球数制限などについての講義が展開され、終始熱気に包まれた研究会となった。

 馬見塚氏は、医学的知識とバイオメカニクス的知識を駆使して、病院からグランドまで包括的に選手のサポートを行う、いわば「野球医学」のプロフェッショナルだ。2006年〜2015年まで筑波大学硬式野球部のチームドクター、部長を務め、現在は筑波大駒場の外部コーチも務めている。

 講義内容は、序盤から驚きの連続であった。
 「投球制限よりも投球強度を抑えることで怪我のリスクを下げていくと良い」
 「アイシングには効果が無いという研究結果もある」
 「距離の長いランニングは野球の動作にはあまり繋がらない」



高校野球研究会の様子

 現在、広く定着している練習や考え方も、科学的に突き詰めていけば理に適っていないことが多いと馬見塚氏は語り、研究や論文に基づいた明確な根拠を馬見塚氏が説明すると、会場ではメモを必死に取る指導者たちの姿が見られた。

 科学は日々進歩しているが、教員としての業務もある高校野球の指導者が情報を取りに行くことは非常に難しい。そんな中、多くの指導者が情報を手に入れられる高校野球研究会は、非常に有意義な取り組みといえる。

 昨年、今年と夏の選手権大会では、東京都からの代表校(東海大菅生日大三)が2年連続でベスト4に進出している。東京都高校野球連盟のこうした取り組みが、東京都の高校野球のレベルを年々押し上げているに違いない。

【関連記事】
国立の雄・筑波大は37名が入部。甲子園常連高や伝統公立校の逸材が続々加入 【ニュース - 高校野球関連】
津久見は8回裏に決勝スクイズ!32年ぶりに夏の大分王者に! 【ニュース - 高校野球関連】
都立足立西vs筑波大附【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
日大鶴ヶ丘vs筑波大駒場【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
都立葛飾商vs筑波大附【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第926回 選抜出場校の明豊と大分のマッチレースとか?!はたまた新勢力が台頭するのか?【大会展望・総括コラム】
第616回 長距離走はほとんどしない。速さとコントロールを兼ね備えた投手を育成しつづける大分舞鶴!【野球部訪問】
第852回 明豊、大分の2トップに追いつけ!激戦が予想される九州予選大分大会の見所!【大会展望・総括コラム】
日大二vs筑波大附【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
近畿大vs筑波大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第46回 大分舞鶴高等学校(大分)【僕らの熱い夏2017】
大分舞鶴 【高校別データ】
筑波大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【香川】決勝は尽誠学園と高松商!<11日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る