トーナメント表
島根大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
島根TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月24日の第104回全国高等学校野球選手権島根大会は、準々決勝2試合が行なわれた。

 春4強の益田東浜田の試合は、4番武原 脩太にソロ本塁打が飛び出すと6番藤原 大翔にも2ラン飛び出し3点を先制する。3回にも2点を追加しリードを広げる。反撃したい浜田は6回に2点を追加すると、7回にも打線がつながり点数を重ねると満塁の好機で4番上田 翔大にタイムリーが飛び出し逆転に成功。一挙5点を挙げリードを奪う。益田東も負けじと8回に8番佐野 慶一郎のタイムリーで同点に追いつく。打ち合いは最終回も止まらない。先攻の浜田は満塁の好機をつくると、5番岡 海善のタイムリーで勝ち越すと、この後も打線がつながり一挙4得点を奪う。追い込まれた益田東は、好機をつくり4番武原 脩太の犠飛で点差を詰めると、代打操翔大の2ランで1点差に迫る。勢いに乗る益田東打線だったが、浜田がここで反撃を凌ぎ切った。11対10の大熱戦を浜田が制した。

 三刀屋益田翔陽の試合は、益田翔陽が2回に5番西田 昴平のタイムリーなどで2点を先制。追う三刀屋は3回に4番高野 颯太のタイムリーで同点に追いつく。序盤で点の取り合いとなったが、中盤になっても止まらない。6回に、三刀屋は9番建部 暖登のタイムリーで勝ち越しに成功すると、打線がつながり一挙4点を奪う。益田翔陽も負けじと、7回に2点を返すが、三刀屋はその裏に代打藤原 将汰のスクイズで追加点を奪い、これが決勝点となった。両チーム合わせて25安打の乱打戦を制した三刀屋が7対4で勝利した。

 島根大会は24日で準々決勝が終了し4強が出揃った。準決勝は26日に開星飯南浜田三刀屋のカードで行われる。決勝は28日に開催予定だ。

■7月24日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会
準々決勝 浜田 11  -  10 益田東 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ
三刀屋    7  -  4    益田翔陽 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ

■7月26日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会
準決勝 飯南    3  -  2    開星 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ
浜田    5  -  2    三刀屋 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ