目次
ドラフト候補紹介
ドラフト候補紹介その2
ドラフト候補投手リスト
ドラフト候補野手リスト


 2023年の大学生は投手、野手とも逸材揃いで、大豊作と評判だ。ドラフト候補に挙がる大学生たちをまとめた。

155キロ左腕、153キロ右腕など23年の「実力の東都」は投手当たり年!!



東洋大・細野 晴希

 23年の大学生投手は東都大学リーグに逸材が多い。

 その先頭を走るのが細野 晴希投手(東亜学園ー東洋大)だろう。最速155キロを誇り、速球には威力があり、変化球の精度も高い。来春も東都2部でプレーすることになったが、ドラフト的にいえば、最注目される投手であることは間違いないだろう。

 1部では、西舘 勇陽投手(花巻東ー中央大)は150キロ前半の速球に、切れ味鋭いスライダーを武器にゲームメークする大型右腕で、1位候補として注目されるだろう。

 武内 夏暉投手(八幡南ー國學院大)も140キロ後半の速球を投げ込み、完成度も高い左腕。もともとコントロールの良い左腕であったが、この1年で球速も速くなり、一気に23年のドラフト上位候補へ浮上した。草加 勝投手(創志学園ー亜細亜大)は140キロ後半の速球を投げ込み、強力な伸びが特徴だ。下村 海翔投手(九州国際大付ー青山学院大)も150キロ前後の速球に、切れのある変化球を投げ分ける。その他にも青山学院大は153キロ右腕・常廣 羽也斗投手(大分舞鶴ー青山学院大)も擁するなど、投手王国の呼び声が高い。

東京六大学のドラフト候補投手はU-18代表を経験した大型右腕や、明治大2枚看板などに注目



立教大・池田 陽佑

 東京六大学は人材面では圧倒していて、有力な逸材が多い。今春のリーグ戦優勝に貢献した村田 賢一投手(春日部共栄ー明治大)、蒔田 稔投手(九州学院ー明治大)の期待が高い。村田は140キロ中盤の速球と多彩な変化球で打たせて取る投球が光る。また、蒔田は短いイニングでは140キロ後半の速球を投げ込み、完成度の高さが光る。

 尾崎 完太投手(滋賀学園ー法政大)は140キロ後半の速球で勝負する本格派左腕で、速球で押して行けるのが強み。安定感を高め、投球成績を向上させていきたい。池田 陽佑投手(智辯和歌山ー立教大)は、高校時代にU-18代表を経験した好投手。140キロ後半の速球、切れ味鋭いスライダーを武器に淡々と投球を組み立てるスタイルが光る。

来年の東京六大学は、現役最多の13本塁打の慶應義塾大のスラッガー、6本塁打の明治大の大型スラッガーに注目



慶應義塾大・廣瀬 隆太、明治大・上田 希由翔

 23年の大学生野手では、東京六大学の2人のスラッガーに注目してほしい。

 1人目は東京六大学通算13本塁打をマークしている慶應義塾大・廣瀬 隆太内野手(3年=慶應義塾)。飛距離は圧巻で、甘く入った球を見逃さない嗅覚は恐ろしいものがある。詰まってもヒットになる打球も高速。スラッガー候補を獲得したい球団にとっては絶好の選手ではないだろうか。3季連続で3本塁打以上をマークしており、残りの早慶戦でどんな活躍を見せるのか。

 そして、廣瀬に並ぶスラッガーとして注目されるは、明治大・上田 希由翔内野手(3年=愛知産大三河)だ。高校時代は高校日本代表の1次候補に参加し、最後の夏まで高卒プロ入りで悩んでいたが、明治大進学を決めた。そこから体づくりなどを見直し、強靭なパワーを手に入れた。打撃技術も高く、東京六大学通算6本塁打、通算打率.301と、コンタクト力と長打力を兼ね備えている。練習取材を見ても1人だけ飛距離、体格がずば抜けており、ラストシーズンでも活躍に期待がかかる。

23年の大学生投手は全国規模にみても豊作。実力、知名度トップにいくのは、名城大、大阪商業大の剛腕。マックスはいずれも150キロ以上



大阪商業大・上田、名城大・松本

 23年の大学野球は東都、東京六大学だけではなく、全国的にも人材豊富と評判である。

 知名度も、実力もトップレベルという点では、大阪商業大の上田 大河投手(大阪商業大高出身)、名城大の松本 凌人神戸国際大附)の2名ではないだろうか。

 上田は大阪商業大高時代、3年春に春季大阪大会優勝を決め、近畿大会出場を果たした。当時から140キロ中盤の速球と、切れ味鋭い変化球を投げ分ける好投手だった。大阪商業大では順調に伸びて150キロ前後の速球で圧倒するパワーピッチャーへ成長。大阪商業大は近年、右、左関係なくパワーピッチャーを育てるが、ポテンシャルの高さは近年の中ではNo.1といっていいだろう。明治神宮大会出場を決め、活躍に期待がかかる。

 松本も神戸国際大附時代から評判の速球投手で、右サイドとしては東の横山 陸人投手(専大松戸ーロッテ)、西の松本といっていいぐらいのスケールがあった。3年春には県大会を勝ち抜き、近畿大会に出場。最後の夏は惜しくも兵庫県大会の決勝戦で敗れたが、実力はトップクラスだった。

 名城大では順調に伸びて、常時140キロ後半の速球、カットボール、スライダー、フォークで翻弄するパワーピッチャーへ成長し、今年は大学選手権、神宮大会にも出場を決めている。

 他にも全国の大学に好投手は多いが、それを象徴するコンビ。果たして神宮大会でアピールできるか。

23年ドラフト候補では高校時代から全国経験豊富な2人の大学生捕手に注目



上武大・進藤 勇也、関西大・有馬 諒

 23年ドラフト候補の大学生捕手にも、下級生から経験豊富な人材がいる。

 上武大・進藤 勇也捕手(筑陽学園出身)は筑陽学園(福岡)時代から名将・江口監督も全幅の信頼を寄せるほどの力量を持ち、明治神宮大会、春夏で甲子園に出場。高い実績を誇った。

上武大でも下級生からスタメンマスクをかぶり、2年春では大学選手権ベスト4、3年春は準優勝を経験した。1.9秒台のスローイングは正確性が高く、各投手の持ち味を引き出すインサイドワークが魅力的。パンチ力を兼ね備えた打撃も魅力だ。大学日本代表にも選ばれている。

 関西大の有馬 諒捕手(近江出身)も実績十分。近江(滋賀)時代、3度の甲子園出場。高校生離れした卓抜したリードセンスを誇った。楽天6位指名を受けた林 優樹投手(西濃運輸)と近江時代に組んだ名バッテリーも高校野球ファンを虜にさせた。関西大では、2年秋に打率.370の活躍で自身初のベストナインに輝き、「打てて守れて、チームから信頼される選手になりたいと思っています」と語った。

 今シーズンは21試合で、打率.351、3打点をマークし、コンタクト力が高い打撃も魅力。春は大学代表候補合宿にも参加し、神宮大会にも出場した。攻守ともにパワーアップすれば、楽しみな逸材だ。