関連記事
ENEOS、東芝、セガサミーなど2022年度の主な社会人野球新入団選手一覧


 君津市を本拠地に置く、かずさマジックの新入部員7人が発表された。

 JPアセット証券から移籍した金田 泰成投手(前橋工ー上武大)は、先発、リリーフで活躍してきた好左腕。早くから大きな戦力となりそうだ。柳田 祐矢投手(岩国商ー国士舘大)は右のアンダースロー。ロッテ時代、アンダースローで活躍した渡辺 俊介監督のもとで、どんな進化を見せるのか。昨年までBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスでプレーしてきた山田 綾人投手(桐光学園ー玉川大)は昨年35試合で防御率0.99と好成績を収めた速球派右腕。NPB入りを実現するために公式戦からアピールをしていきたい。

 片岡 心内野手(報徳学園ー筑波大)も主将として牽引した巧打の内野手だ。高校時代は小園 海斗内野手(広島)と二遊間を組んだ。山田 翔斗内野手(東海大相模ー桐蔭横浜大)は、下級生から活躍を見せている左の好打者。そしてU-18代表を経験している鯨井 祥敬内野手(東海大市原望洋ー東海大)も高校時代以来となる千葉を拠点にプレーする。

 外野手では、ミート力が高い2番打者として活躍した眞﨑 甲太郎(国士舘ー国士舘大)も加わった。

(記事:河嶋 宗一