昨年、都市対抗ベスト4入りしたセガサミーが採用予定選手5人を発表した。

 古屋敷 匠真投手(八戸工大一-法政大)は、150キロ超えの剛速球が持ち味の速球投手。ポテンシャルは2年でNPBを狙えるものがあるだけに、実戦力を身に着けていきたい。

 長島光希投手(健大高崎-関東学院大)も、140キロ前後の速球と、スライダーなどを駆使して抑える技巧派右腕。福森 秀太内野手(北九州高-九州産業大)は昨秋のリーグ戦でベストナインを獲得した巧打堅守の遊撃手だ。

 黒川 貴章内野手(新田-亜細亜大)も亜細亜大の主力打者として活躍した右のクラッチヒッターだ。 片岡 大和内野手(神戸国際大附-近畿大)は昨春の関西学生リーグで、打率.408をマークし、二塁手部門でベストナインを獲得した左の好打者だ。

 全員が大卒で、実戦力が高い選手を多く採用予定。22年度のセガサミーが楽しみだ。