試合レポート

【仙台六大学】東北工業大の4年生捕手・須藤博紀が貴重な2点打!「3年秋で引退」を撤回し臨むラストイヤー

2024.05.05


東北工業大・須藤博紀捕手

<仙台六大学野球春季リーグ:東北工業大6-3東北大>◇4日◇第4節1回戦◇東北福祉大

昨年は春秋ともに第3戦までもつれた東北工業大と東北大のカード。今春の初戦は東北工業大が6対3で勝利し、先手を取った。

東北工業大は敵失を絡めて2回までに4点を奪う。6回には7番・須藤 博紀捕手(4年=弘前工)の2点適時打が飛び出し、リードを広げた。投げては先発のエース左腕・後藤 佑輔投手(4年=仙台育英)が5回7奪三振無失点と好投。その後は3投手のリレーで逃げ切った。東北大は7回途中から登板した野瀬 陸真投手(4年=春日部)が好救援で流れを呼び込むと、打線も7回に7番・大橋 周吾捕手(4年=八戸)が2点本塁打を放つなど終盤追い上げたが、逆転勝利はならなかった。

貴重な追加点をたたき出した須藤は先発の後藤を好リードし、攻守で勝利に貢献。「自分は打席で考えすぎてしまう癖がある。あえて開き直って打った結果、タイムリーになってよかった」。6回2死二、三塁の場面、思い切ってバットを振ったことが功を奏した。

須藤は当初、3年秋で野球を引退するつもりだった。「公務員志望なので、勉強をするための時間が欲しかった。そう考えると野球の方に熱が入らなくなってしまって、その状態のまま残るとチームに迷惑がかかると思った」。自らの立場を客観視した上で、意思を固めた。

しかし3年秋は出場機会が増え、周囲から「3年生で辞めるのはもったいない」「まだ続けた方がいい」などと声をかけられたこともあり、迷いが生じるようになった。

当初の予定から一転、勉強と両立しながら4年春まで野球を続けることに。決め手になったのは、チームのAクラス入りに貢献した「喜び」よりも、東北福祉大戦、仙台大戦で勝てなかった「悔しさ」だった。いずれもスタメンマスクをかぶった「2強」との4試合で、勝利に導くリードをできなかったことが心残りだったのだ。

覚悟を決めた正捕手は「今年は後悔しないように思い切りやって、福祉大、仙台大に勝ちたい」と力を込める。まずはこのカードで勝ち点を取り切り、再び「2強」に立ち向かう。

(取材=川浪康太郎)

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.11

【阪神大学】V7の天理大の戦力紹介!投手力、打撃力、機動力充実の布陣で大学選手権へ!

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>