プロ野球界の2022年シーズンがスタートする。開幕は3月25日。2月1日のキャンプインから12球団が開幕に向けての準備期間に突入する。

 今季の見どころとして、今シーズン中に達成されそうな記録がある。今季はどんな記録がかかっているのか。各球団ごとに投手と野手に分けて紹介していく。

 今回は巨人の投手。プロ10年目を迎えたエース菅野 智之東海大相模出身)が通算1500投球回到達を射程内にとらえている。ここまでの通算は1475.2回で、節目の記録まではあと24.1回。プロ9年間、すべて3ケタ投球回以上をマークしている右腕だけに、シーズン序盤ではマークしそうだ。

 さらに、先発の勲章でもある「完封数」が通算21。現役では現在、日本ハムの金子 弌大(長野商出身)と並んでトップタイとなっている。2位はともに楽天の涌井 秀章横浜高出身)、田中 将大駒大苫小牧出身)の18。今季は単独トップに立つチャンスで、先発の第一人者として存在をアピールしたいところだ。

 その他、巨人投手の達成がかかる主な記録は以下の通り。

 井納 翔一(木更津総合出身)
  1000投球回(あと87.2)

<巨人で今季プロ入り後、10年目以上を迎える投手>
※2022年支配下登録で育成、MLB期間含む。カッコ内は出身高校。

17年目 山口 俊柳ヶ浦
11年目 高木 京介星稜
    今村 信貴太成学院大高
10年目 菅野 智之東海大相模
    井納 翔一(木更津総合
    鍵谷 陽平北海