2009年05月09日 あやべ球場

京都両洋vs鳥羽

2009年春の大会 春季京都府大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

釣井投手(京都両洋)

好投手対決に8球団のスカウトが熱視線!

先に優位に進めたのは鳥羽
1回、5番小椋の犠牲フライで1点を先制する。 2回には1番小寺の犠牲フライ、3番秋山の適時打で2点を追加し、京都両洋の先発・菖蒲をノックアウトする。
京都両洋は2番手で登板した釣井が踏ん張り、徐々に流れは変わりはじめる。そして5回、先頭の釣井が四球選んだのをきっかけに、打者一巡の攻撃で6点を奪い逆転に成功。さらに6回にも再び打者一巡で4点。
釣井は1点を失ったもの の、被安打4と好リリーフ。チームとして初めてベスト4に駒を進めた。



【京都両洋・釣井将貴投手/3年 】

京都府屈指の右腕対決を制した。先発のマウンドを2年生の菖蒲大輝に譲り、レフトから戦況を見つめていた釣井。
鳥羽は選手の能力が高いので釣井でも先発なら後半は捕らえられる。何とか一回りでもと思って菖蒲を先発にしました」と高木英臣監督は、心のうちを

話した。 しかしその菖蒲が2回途中で3失点、なおも満塁ともう1点もやれない場面で、釣井はレフトのポジションからマウンドに走ってきた。
「心の準備はできていましたが、あの場面はやっぱり緊張しました」と釣井。それでも、「自分が抑えれば流れは変わる」と渾身のスライダーで、鳥羽の4番・小林宥喜(3年)を打ち取った。
釣井の言葉通り流れは変わる。中盤、打線が機能し、逆転。そして一気にコールド勝ちし、春夏秋を通じて初めてのベスト4進出に喜びを爆発させた。

今年1月、左足首を捻り、靭帯を部分断裂した釣井。冬場に1ヶ月半以上ピッチングをすることができなかった。だがこれが「ケガの功名になった」と高木監督は話す。投げられない時期に、自分のピッチングを見つめなおし、さらに菖蒲という2番手投手も成長してきた。体重も昨夏の67キロから今春は73キロまで増え、スタミナ面での強化にも手ごたえを感じている。
「楽天の岩隈(久志)投手のように、直球でも変化球でも打ち取れて、三振も取れる投手になりたい」と話してくれた釣井。ベスト4進出でも、まだまだ上を見据えていた。


釣井将貴投手(つるい・まさき)
177センチ 73キロ 右投げ右打ち
1年春からベンチ入りし、2年秋の新チームからエースナンバー。
大阪府高槻市出身。
冠中学時代は『高槻シニア』に所属。



【鳥羽・西川祐司投手/3年 】

1回戦(京都明徳戦)で18個の三振を奪い注目された144キロ右腕。しかしこの日は、京都両洋打線にじっくりと球を見極められた。
6点を失った5回。打たれたヒットは3本だが、5つの四球を与え、51球も投じてしまった。 6回にも四死球を連発し、結局9失点で降板。
「調子が悪くてコントロールもバラバラだった」とうなだれた。スタミナとコントロールに大きな課題を残した西川。 1回戦の18奪三振に惑わされないよう、足元をみつめて夏を目指してほしい。


西川祐司(にしかわ・ゆうじ)
175センチ68キロ 右投げ右打ち
ベンチ入りは2秋で背番号は『18』。3年生となった今春からエースナンバーを背負う。
大淀中時代は『淀タイガース』(軟式)に所属。



(文=松倉雄太)


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
乙訓vs鳥羽【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
【京都独自大会】鳥羽が緊迫の試合を制する!京都外大西らが勝利した18日の3試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
鳥羽vs鴨沂【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
京都成章vs京都両洋【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
龍谷大平安vs洛星【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
激戦の夏季京都大会を展望!今年は実力が拮抗しドラフト候補も多数! 【ニュース - コラム】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
鳥羽vs京都共栄【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第946回 福知山成美や京都翔英、京都外大西などがノーシードと京都は大混戦の模様!【京都大会展望】【大会展望・総括コラム】
第443回 天理大学 梅谷 成悟選手 「15年ぶりの甲子園出場は体のキレが最も良い状態で夏を迎えられたから」 【2016年インタビュー】
京都両洋 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
春季京都大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る