龍谷大平安が苦しみながらも準決勝進出

 センバツ8強の龍谷大平安塔南との激戦を制して3年連続の準決勝進出を決めた。

 龍谷大平安野澤 秀伍(3年)、塔南は北﨑響生(3年)の両エース左腕が先発。どちらも制球力の高い技巧派左腕でタイプの似ている投手対決となった。

 塔南は1回裏、二死一塁から4番・清水颯(3年)が右中間への適時二塁打を放ち、先制点を挙げる。対する龍谷大平安も3回表に二死三塁から4番・奥村 真大(2年)の中前適時打で同点。4回を終えて1対1の同点とここまでは互角の勝負が展開された。

 試合が大きく動いたのは5回表、先頭の9番・野澤が安打を放つと、1番・水谷 祥平(3年)は死球で出塁。2番・北村 涼(3年)が犠打を決めて一死二、三塁とする。ここで打席に立つのはここ2試合無安打の3番・三尾 健太郎(3年)。「来た球を何も考えずに振るという初心に戻りました」と強く振り抜いた打球は右翼手の頭上を越える2点適時三塁打となる。続く奥村も適時打を放ち、この回で3点のリードを奪った。

 このまま主導権を握りたい龍谷大平安だが、塔南も反撃に出る。一死一、二塁から4番・清水の左前適時打で1点を返すと、なおも一、三塁で続く5番・西村凜(3年)が犠飛を放ち、1点差。その後、二死一、二塁となり、7番・藤村詩音(3年)が右前安打を放つが、二塁走者は三塁でストップする。ここで走者の離塁が大きいと見た一塁手の三尾は三塁に送球するが、これが悪送球となって二塁走者が生還。相手のミスで塔南が同点に追いついた。

 試合は同点のまま8回裏に突入する。塔南は先頭の8番・近藤大輝(3年)が安打を放つと、続く9番・北﨑の犠打が野戦を誘い、無死一、二塁のチャンスを作る。ここで1番・坂田崇一(3年)がキッチリと犠打を決めて一死二、三塁。勝ち越しの大チャンスで2番・岩崎京翔(3年)が放った打球は左翼手の前へのフライとなる。難しい打球となったが、これを左翼手の長畑海飛(3年)が好捕して走者は動けず。続く3番・谷口慎之介(3年)は右飛に倒れ、チャンスを生かすことはできなかった。

 こうなると流れは龍谷大平安に傾く。先頭の水谷が安打で出塁すると、続く北村が送って一死二塁。このチャンスで三尾が右前適時打を放って、勝ち越しに成功。この後、途中出場の髙橋歩(3年)にも適時二塁打が飛び出し、龍谷大平安が2点のリードを奪った。「キレが悪い」(原田英彦監督)とこの日は本調子ではなかった野澤だが、最終回は3人でキッチリ締め、龍谷大平安が苦しみながらも準決勝進出を決めた。

 9回裏に1点ビハインドを追いついて10回にサヨナラ勝ちした4回戦の西城陽戦に続いて苦しい戦いを強いられた龍谷大平安。その中でも1番・水谷が全打席出塁、2番・北村が4犠打、3番・三尾、4番・奥村がそれぞれ2本の適時打と攻撃の流れは確実にできている。3季連続の甲子園も視界に入ってきたが、主将の水谷は「目の前の試合に集中して一戦必勝でやりたい」と気を引き締めていた。

(文:馬場 遼)