2019年07月17日 俣野公園野球場(俣野公園横浜薬大スタジアム)

橘vs鶴見大附

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

強豪公立と印象付ける試合運び!橘が逆転勝利で4回戦へ!

 今年の神奈川の公立では実力校として注目される。1人1人の選手の技術を見ていくと、公立校とは思えないほどの技術を持った選手ばかりであった。

 まずエースの堤 隆晟(3年)は、プロのスカウトからも注目を浴びる大型右腕。183センチ80キロと恵まれた体格は、存在感がある。ノーワインドアップから始動し、テークバックを大きくとって、大きく胸を張って投げ込む投球フォームから投げ込む速球は常時130キロ~136キロ。前回の試合と違い、140キロを計測することはなかったが、それでも角度あるストレートは魅力。投球フォームの筋が良いので、さらに鍛えていけば、145キロ前後も見込める逸材ではないだろうか。

 120キロ前後のスライダー、フォーク、カーブを低めに投げ分ける投球。3回表には1点を失ったが、その後は後続を抑えてゲームメイクをする。

 打線も強力。技術的にも高度。軸足にしっかりと体重を乗せ、ヘッドの重みを利かせたパワフルなスイングは公立校の打者の技術ではない。前半、鶴見大附の先発・吉田隼のテンポが速く、なかなか腕が出てこない投球フォームから投げ込む120キロ後半の速球を前に苦しんでいたが、5回裏、1番・太田義将(3年・168センチ70キロ・右投げ右打ち)が高めのストレートを振りぬき、左中間へ飛び込む本塁打を放つ。小柄ではあるが、体の使い方が良く、本塁打を打った瞬間も腰と肩甲骨を鋭く回転した打撃フォームとなっていた。

 さらに6回裏、堤が勝ち越し本塁打。一瞬、体が泳ぎそうになったが、前足でしっかりと踏ん張り、腰を鋭く回転させて、リストの強さでもっていった。

 さらに7回裏には3番齋藤義将(3年)の2点適時打で4対1と点差を広げる。

 投げては堤が終盤まで130キロ中盤の速球を投げ込み、適時打で1点を失うが、最後の打者を空振り三振に打ち取り、4回戦進出を決めた。

 は選手の様子を見ても淡々とプレーをしていて、スイングの鋭さといい、プレーの切れといい、完全に一皮むけた感がある。強豪公立として着々と実力を身に着けていると実感させる1勝だった。

(文=河嶋 宗一)

 
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
藤枝明誠vs常葉大橘【静岡県 2020年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
都立農産vs大山・蒲田・橘・六郷工科【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
圧倒的強さを見せた東海大相模が4年ぶりV!公立校の躍進も目立った神奈川県の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
桐蔭学園が4回戦敗退 日大藤沢など5回戦突破へ!【選手権神奈川大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
加藤学園vs常葉橘【静岡県 2019年春の大会 春季東海地区静岡県大会】
都立小岩vs都立橘【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
日体大荏原vs橘学苑【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第659回 逆襲の横浜、完ぺきな内容で春制覇!南北ともに混戦模様に。【大会展望・総括コラム】
第14回 川崎市立橘高等学校(神奈川)【冬が僕らを強くする2017】
橘 【高校別データ】
鶴見大附 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る