終盤の反撃あと一歩及ばず・吹上・屋久島


<第151回九州地区高校野球大会鹿児島県予選:頴娃6-5吹上・屋久島>◇21日◇1回戦◇平和リース

 1回裏、頴娃は二死満塁として押出し、7番・池平樹(1年)の左前適時打、捕逸、8番・中村幸矢(1年)の2点適時内野安打で計5点を先取した。

 吹上・屋久島は直後の2回表に先頭の4番・中間擢斗主将(2年)が二塁打を放ち、7番・日髙宗一郎(1年)の中前適時打で1点を返し、4回には内野ゴロで更に1点を加えた。

 2回以降追加点が奪えなかった頴娃だったが、7回裏に二死から連打が生まれ、6番・白岩慎(1年)の左越え二塁打で再び4点差とした。

 8回に3番・日髙了(1年)の左前適時打で3点差とした吹上・屋久島は9回表、先頭の6番・立宅真輝(2年)から4連打を浴びせる。8番・備隆太(1年)の中前適時打、1番・河口悠真(1年)の犠飛で1点差に詰め寄った。

 なおも一死一二塁と同点、逆転の好機だったが、頴娃の2番手左腕・川田旭晃(2年)が後続を絶ち、反撃を食い止めた。

(取材=政 純一郎