2020年11月15日 平和リース球場

尚志館vs鹿児島玉龍

第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

5回に集中打で逆転・尚志館

 先手を取ったのは鹿児島玉龍。1回裏、暴投と4番・濵崎桜輝の犠牲フライで2点を先取した。

 尚志館は5回表、一死一二塁から5番・神崎賢進のレフトオーバー二塁打で同点、6番・末吉涼の走者一掃ライトオーバー三塁打で勝ち越すなど、集中打を浴びせ4点を挙げて主導権を奪った。

 その裏、鹿児島玉龍は7番・田村大和のレフト前タイムリーで追い上げる。

 尚志館は8回、3番・迫田樹からの4連打など単打5本を集中し3点をダメ押し。尚志館15安打、鹿児島玉龍11安打、計26安打の打撃戦を尚志館が制した。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs薩南工【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vs尚志館【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島玉龍vs頴娃【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
3安打完封勝利で樟南がベスト4へ!25日の準々決勝4試合をレポート【鹿児島】 【ニュース - 高校野球関連】
屈辱的な完封負けから八方悠介(鹿児島城西)はどのように初の甲子園を掴んだのか 【ニュース - インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第629回 大隅から甲子園の夢、再び! 尚志館(鹿児島)【後編】~6年ぶり甲子園へ、守り切って周りの期待に応えたい~【野球部訪問】
第629回 大隅から甲子園の夢、再び! 尚志館(鹿児島)【前編】~団結力とパワーで上り詰めた大舞台~【野球部訪問】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
第26回 MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る