点の取り合いを制す・伊集院


 序盤で2点をリードした伊集院は4回表、一死満塁から暴投、3番・水溜優太(2年)のレフト前タイムリー、5番・福島拓実(2年)のレフト前2点タイムリーで計4点を追加する。

 6点差を追いかける加治木工は5回裏、満塁から3番・渡邊昂哉(2年)の走者一掃レフトオーバー三塁打などで4点を返した。

 伊集院は6回表、4番・赤鹿諒由(1年)、5番・福島の連続タイムリーで2点を追加。8回にも4点をダメ押し、8点差とした。

 加治木工はその裏、6番・雪松大誠(1年)の犠牲フライ、7番・堀ノ内幹太(2年)のセンター前タイムリーなどで3点を返し、コールド阻止の意地を見せたが及ばず。伊集院がシード加治木工との点の取り合いを制した。

(文=政 純一郎