先発全員安打で快勝・樟南

 樟南は1回裏、一死二三塁と絶好の先制機を作ると、4番・下池 翔夢主将(2年)がセンター前2点タイムリーを放って先制した。この回、打者12人、単打のみ6安打を集中し、相手のエラーなども絡んで大量7点を奪い、大きく主導権を手繰り寄せた。

 3回には3番・尾﨑 空(2年)、5番・小峰 康生(2年)の長打攻勢で2点をダメ押した。

 5回表、後がない喜界は先頭の5番・三幸大将(1年)がチーム初安打のレフト前ヒットを放ち、盗塁を決め、7番・盛崎仁(2年)もセンター前ヒットを放って盗塁を決めるなどで一死二三塁と絶好の得点機を作ったが続かなかった。1時間10分のスピードゲーム、先発全員安打で樟南がコールド勝ちした。

(文=政 純一郎