エース石元、三塁踏ませず・出水中央


 出水中央は2回裏、一死一三塁のチャンスに1番・村山大志(1年)がセンター前タイムリーで先制したのを皮切りに、2番・村山大地(1年)がレフトオーバー二塁打、3番・山下智哉(2年)がライトオーバー二塁打と、3連続タイムリーで4点を先取した。

 3-5回は得点圏に走者を進めながらも追加点が奪えなかったが6回裏、一死から2つの四球をはさんで単打のみ6安打を集中。打者一巡で6点を奪い、1時間39分のスピードゲームでコールド勝ちを決めた。

 先発したエース石元雄太(2年)は鹿児島工打線を散発3安打、三塁を踏ませなかった。

(文=政 純一郎