7回で力尽きる・川薩清修館

 序盤から点の取り合いとなった。

 先手を取ったのは川薩清修館。立ち上がり一死一二塁のチャンスに4番・上玉利篤(2年)のセンター前タイムリーなどで2点を先取した。

 3回には5番・森山景介(1年)のライト前タイムリー、4回には2打数2安打と当たっていた2番・砂子田悠斗(2年)のライト前タイムリー。優勝候補にも挙げられる鹿児島城西に対して4回までに7安打を浴びせ、優位に試合を進めていた。

 追いかける展開が続いた鹿児島城西は6回裏、併殺の間に同点に追いつく。

 7回裏、4番・乗田 元気(2年)のセンター前タイムリーで初めてリードを奪うと、6番・長 隆稀(2年)のレフト前タイムリーを皮切りに、犠牲フライをはさんで5安打を集中。最後は2番・平良侑裕(2年)の走者一掃センターオーバー二塁打で7点差となり、瞬く間にコールド勝ちを決めた。

(文=政 純一郎