中軸トリオが打で活躍・鹿児島玉龍

 2回裏、鹿屋中央は7番・尾堂千真(3年)のレフト前タイムリーで先制。1番・山本 聖主将(3年)の犠牲フライで2点目を挙げた。
 なおも満塁とチャンスは続き、3番・吐合航洋(3年)が走者一掃のレフトオーバー二塁打を放ち、計5点とビッグイニングを作った。
 鹿児島玉龍も直後の3回表に反撃する。

 一死から四球、連打で満塁とし、4番・永井克幸(3年)のライト前2点タイムリー、5番・仮屋慶志朗(2年)のレフトオーバー二塁打、連続タイムリーで計4点を返し1点差に迫った。
 4回表は一死二塁から相手のエラーで同点に追いつき、3番・末永悠翔(3年)のセンター前タイムリーで勝ち越し、4番・永井のレフト前タイムリーで2点差とした。末永、永井、仮屋の中軸トリオで6打点と勝負強さが光った。

 序盤は点の取り合いとなったが、5回以降は鹿児島玉龍の先発・末永、鹿屋中央の2番手・山元翔斗(3年)が粘り強く投げ、両者追加点が奪えない。

 9回裏、2点差を追いかける鹿屋中央は二死から4番・上宮田壮(3年)がライトオーバー二塁打で出塁。5番・北園玲央(3年)がセンター前タイムリーを放ち、1点差に迫ったが、最後は末永が踏ん張って三振に打ち取り、鹿児島玉龍が競り勝った。

(取材=政 純一郎