8回に意地の1点・加世田

 1回裏、鹿児島城西は1番・林 誠人(2年)、2番・乗田 元気(2年)が連続長打で先制。5番・池山聖悟(3年)のレフト前タイムリーに相手エラー、7番・原田高光(3年)の犠牲フライと打線がつながり、4点を先取して主導権を握った。

 3回裏にも7番・原田がレフト線にタイムリー二塁打を放って追加点を挙げた。

 先発の前野 将輝(3年)は6回まで加世田打線を無安打に抑え、付け入るスキを与えなかった。

 加世田は8回、エラーと暴投で二死二塁とし、4番・西勇貴(3年)がライト前タイムリー。意地の1点を返した。

(文=政 純一郎