6回4連打で5点・加治木工

 立ち上がり、屋久島は二死から3番・鹿島暖生(1年)がライト前ヒットで出塁。捕逸で二塁に進み、4番・黒飛 海太(1年)のライト前タイムリーで先制した。

 2回裏、加治木工は二死二三塁で8番・猶野虎次郎(2年)のレフト前2点タイムリーで逆転した。

 3回は5番・古川慎之介主将(2年)のレフト前タイムリー、5回は犠牲フライで追加点を挙げた。

 攻撃の手を緩めない加治木工は6回裏、一死一三塁のチャンスで2番・垣内駿也(2年)のレフト前タイムリーを皮切りに4連続タイムリーで一挙5点のビッグイニングを作り、試合を決めた。

(文=政 純一郎