2018年07月21日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

丸亀城西vs英明

2018年夏の大会 第100回選手権香川大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

丸亀城西、終盤まくり上げ、大本命・英明にサヨナラ勝ち!

 「やはり大本命・第2シード英明の春夏連続甲子園出場か」
 7回表が終わった時点で、レクザムスタジアムに詰めかけた半数以上の人はそう思ったに違いない。それほど、中盤戦までの英明は「盤石」だった。

 

 攻撃は2回表無死から3連続四球後、7番・黒河 竜司(2年・180センチ80キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)の左前2点適時打、8番・前田 大(1年・遊撃手・173センチ56キロ・右投右打・丸亀市立西中出身)のプッシュバントで投手グラブ下、二遊間を破る中前適時打、二死後1番・加藤 稜(3年・中堅手・175センチ73キロ・左投左打・ヤング阿南シティーホープ<徳島>出身)の左前適時打で大量4点を先制。

 

 投げては最速143キロ右腕・黒河が6回まで61球の省エネ投球で3安打無失点。そして試合の行方を左右する「次の1点」も7回表一死二塁から4番・千原 凌平(3年主将・捕手・171センチ85キロ・右投右打・京都木津川リトルシニア<京都>出身)のバットによってもたらされた。ただ、灼熱の太陽光線は英明・黒河のスタミナを徐々に減じさせることに。そして丸亀城西の衰えぬ闘志も、英明に見えないプレッシャーとなってのしかかっていった。

 

 7回裏には二死走者なしから連打と3回途中からリリーフに上がった8番・大前 輝明(3年・179センチ91キロ・右投右打・丸亀市立西中出身)の右中間二塁打でまず2点。相手失策後、これまでの3試合では長打がなかった1番・水野 達稀(3年・169センチ69キロ・右投左打・丸亀市立南中出身)が、高校通算27本塁打の一端を示す右中間フェンス直撃の適時二塁打で計3点。8回裏には無死一・二塁からの犠打失策と7番・福田 直人(3年主将・捕手・171センチ69キロ・右投右打・宇多津町立宇多津中出身)の中犠飛で同点。一方、最速140キロ右腕の大前も136キロの球速以上に重さを感じるストレートで9回までを5安打1失点でしのいだ。

 

 そのムードに乗ったのは丸亀城西・水野。一死から黒河の3球目を叩いた打球は彼特有の低いライナーで右中間真ん中へ飛ぶ三塁打。個の時、1時間前までスタジアムを包んでいた英明圧勝ムードは丸亀城西のサヨナラ勝ちを期待する空気へと完全に入れ替わっていた。

 

 ここで満塁策を採り、背水の陣で延長戦への持ち込みを狙う英明。しかし、丸亀城西4番・塩田 小次郎(3年・一塁手・177センチ81キロ・右投左打・丸亀市立東中出身)の打球は前進守備をかわすように左前に飛び遊撃手のグラブをかすめて落ちた。かくして、昨年は決勝戦で涙を呑んだ丸亀城西の想いは、5点差を3イニングで覆す大逆転勝ちになって結実した。

 

 決勝戦の相手は勢いに乗る古豪・高松。彼らは丸亀商時代から現在に至るまで県内屈指の名門としてけん引してきたプライドをかけ、13年ぶり5度目の夏へすべてをかける。

 

 最後にあと半歩及ばず敗れた英明について。特にセンバツ後、様々な困難が彼らを襲う中でチームを結束する集団に押し上げた主将・千原の働きは敗れてもなお称賛に値するものだ。今後は最後まで課題として残った守備力と、千原が率先垂範した人間力を補いつつ、2年生としては全国トップクラスの安定度を誇る黒河も一段階上のスタミナと球速を目指してほしい。そうすれば、2年連続のセンバツ出場とこの日果たせなかった春夏連続甲子園は自ずから手に入ることだろう。

 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園vs丸亀城西【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
英明vs坂出商【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
英明vs坂出商【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
中学通算60発侍戦士・浅野 翔吾(高松商1年)公式戦鮮烈デビュー!!23日、24日に行なわれた6試合の様子をレポート【香川】 【ニュース - 高校野球関連】
丸亀城西vs多度津【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
秋田、金足農など公立校王国・秋田を率いる伝統公立校。第1回大会と第100回大会で決勝進出 【ニュース - 高校野球関連】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
英明vs四学大香川西【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第739回 「超攻撃的リードオフマン」聖地での躍動を誓う 水野 達稀(丸亀城西) 【2018年インタビュー】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
英明 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 香川大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

丸亀城西かつかくどう 2018.07.21
わーーーーー

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る