独占インタビュー 第46回  【特別企画】 高校スポーツのあした(2) 2010年05月24日

3.学年を考える

【高校野球情報.com】【特別企画】 高校スポーツのあした

【国分先生】

「国分」 久夫先生、全日本のバスケットのコーチもしたこともあるから、全国から先生を慕ってくる選手が入ってくると思うんですけど、そうすると学年によって、運動能力的な、あるいは、バスケットの技術だけだったら上下の差があると思うのですが、この1年、2年、3年の学年を掌握しているのですか?

「佐藤」 練習の、コートの中では1年生も2年生も、みんな関係ありませんよ。これはどこでも同じだと思う。やはり、我々はエンジョイバスケットボールをするチームではない。競技力を高めて、勝たなきゃいけないという使命を学校から与えられていますよ、と。だから、当然、高校生としてね、しっかりしていれば、1年生でもすぐユニホームを着て、試合に出ることは出来る。1年生は、最初は1年生と上級生と戦っていって、1年生で何番目と計算するわけですよね。生徒っちゅうのは(笑い)

「国分」 はい、はい。

佐藤 何番目というのは、的確に査定できますから。ところが、2年生になった時には、自分の学年だけでなく、今度は下級生と競り合わなきゃいけない。上級生ともありますけど。そういう計算だけは長けているわけですよ。だから、今のうちに、もうすぐ1年生が入ってきますので、新1年生が来る前に差を付けておかなければ、あんたたちは抜かれますよ、と。

客観的に体力とか技術とかを判断しながらね。現状というのを伝えてあげて、負けたくなかったら、それは3年生を利用して、2年生を利用して、練習が終わった後に教わりなさい、と。私は練習はね、題材を与えただけで、その題材の中で1人1人が自分のテーマを持ってそれをやっていかないといけないんだと。そして、野球もバレーもそうだと思うんですけど、体で覚えるっていうことの大事さもあるんですけど、考えて行動する。考えて行動するということを習慣化するってことは困難なはずなんですよね。体で覚えるだけでは実践的でない、という私の発想から、1年生あたりは考えながら、といっても、考えられない。でも、なんとか食らいついていく。それから、もう1つ大事なことは、成績のIQ、学校の勉強のIQとバスケットのIQがね、なかなか比例しないんですよ。

「国分」 うん、うん。

「佐藤」 ね、成績が。いくら勉強したといってもよくないと。でも、その子のバスケットIQは高いとかね。私の考えでは成績で努力して集中力ある者が、そういうIQがほかにも応用できるんだと思っているんだけど、そこが私の課題ですかね。

「国分」 私、実際に女子のバレーを指導していて、すごくこう、悩んだことは、ある一定の強さになってくると、久夫先生のところのように「エンジョイバスケット」じゃないんですよというので入ってくる。
でも、そういった目的で入ってくる子どもっていうのは、中学時代にみんなそれぞれの中学校で中心選手なわけですよ。少なくとも自分なりに誇りを持っているというかね。でも、実際に来てみると、同じ学年にすごいやつがいると。こんなわけじゃなかったと。そこでジレンマ、壁にぶつかる。指導者とすれば、次も次も次も試合が待っているから、たとえ学年が下であっても能力の高い者は早く使っていかないといけない。下の学年の者を使えば使うほど連続性が出るというか、次の年につながるわけだから。この辺がなんていうんですかね、バレーでいうなら、お姫様育ち、女王様で来た者がそうじゃなくなる場合があるんですよね。そのままいれる人間もいるんですけど。そういう時って、抜群に素晴らしい1年生の選手が来た3年生と互角だいう時のバランスはどうやってとるんですかね?

「佐藤」 コートの中は一緒だから、勝つためには新戦力として使いますよ、と。ただ、コートを離れてしまえば、あくまでも人生の先輩がいるんだから、敬意を払って、技術を教わること、いっぱい教われるだろうと。そういう差しかないですね。あとは、いいと思われる選手を抜かせないようにこっちもがんばってあげないといけないかなと。3年生と2年生でも、彼とおまえは競っているよと。負けたくねぇのは俺も分かるからとにかくがんばれ。そして、ちょっとポジション変えをするとかね。まぁ、攻撃が下手でも守ることが長けているとかね、個性をもっと出してもらえるように。一番苦しいのは、エントリーを決める時ですよね。30何名の部員から、インターハイはバスケット12名ですから。12名を決める時というのが一番つらい。その時には、私もつい涙が出てきたりするような、ユニホームをこう、渡す時にね、あなたのがんばりとライバルになった人たちに敬意を払いたいと。そう言ってユニホームを渡していくんですよね。

「国分」 佐々木先生はどうですかね。100人くらいの部員の中から。野球は何人でしたかね?

「佐々木」 20名ですね、ベンチに入るのは。

「国分」 あれは、マネージャーも含めて20名なんですか?

「佐々木」 いえ、記録員1人は別枠で。

「国分」 あ、別枠でね。その学年の構成っていうんですかね、どうやって学年のバランスを見るわけですか?ベンチに入れる時。

「佐々木」 これまでで最悪なケースでですね、お兄ちゃんが3年生でベンチに入らずに、弟が1年生でベンチに入ったっていうケースがあったんですよ。

「国分」 うん、うん。

「佐々木」 お父さん、お母さんも複雑だったと思いますし。

「国分」 だろうなぁ。

「佐々木」 結局、子どもたちに事前に、何でもそうなんですけど、先に話す。何か問題が起きてからじゃなくてですね。佐藤先生のように力があるものを入れるんだと。グランドの中は戦いなんだよ、でも、一歩出れば、先輩・後輩の上下関係があってということを話ししますね。
あとは、1年生はそれなりに自信ある子が入ってくるので、「俺はシニアでどうの、こうの」とかですね、そういう子が集まって来ていますので、最初は鼻へし折ることから始めます。過去の栄光に浸って、「俺は小学校の時に記録持っている」とかですね、それが邪魔するような子に声をかけないようにしているんです。小学校の時にですね、全国大会で優勝していると、ところが、それが邪魔している子ってすごくいるんです。中学校の段階で。そういうのが邪魔して伸びないなと思うとですね、声を掛けない子もいるんです。記録がある子でも。
あとは、上下関係ってスポーツで学べるすごくいいところ。今、なくなってきているので、学校生活やいろんな社会では。上下関係を学べるってすごくいいことだと思うんです。人間関係ですね。逆に今、なくなり過ぎてですね。昔、野球では体罰があったりして先輩・後輩でいじめがあって、非常に、そこに気を配るようにしていたんですけど、なくなると、1年生から3年生まで友達みたいになってくるところもあってですね。逆に今、仕切りを入れるようにしながら、尚かつ、暴力的こととか、いじめ的なことがないように学年を作っていくようにはしています。

「佐藤」 うん。

「国分」 要するに、実力差は別としても、学年の壁というか、けじめをつける必要があるということだね。

「佐藤」 世の中に出たら当たり前なことで、人間であれば年長者っていうかね、そういう人たちのがんばりを見て、背中を見て育つということ。よく、3年生の背中を見て、2年生、1年生は育っていくんだ、しっかりしなきゃいけないと言うんですけど。私自らがラインを引くという操作はないですね。

「国分」 なるほどね。

「佐藤」 逆に、じゃあ、スポーツマンとして、先輩、年上をどう思わなくきゃいけないか、どうしなきゃいけないだろうか、そういう風な見方でいっている方が大きいですね。

「国分」 私の場合はね、全国大会につながる大会と、予選を兼ねない試合っていうのが、バレーの場合は試合数がすごく多いなと思うけど、そういうのによって、これが全国大会の予選を兼ねるという場合には学年関係なくベストメンバーでいくと。たとえ負けることがあったとしても、全国大会につながらないという場合には下級生を育てておくと。きちっと分けて、下級生も育てながらいかないと。春高バレーは来年から1月開催で3年生も出られる大会になるんですよ。

「佐藤」 1月にやって3年生が出られる?

「国分」 バスケットのウインターカップのようになると思うんですけど。

「佐藤」 そうですね。

「国分」 今までは3月にあって、1、2年生で試合だったんですよ。みんな中学時代に女王できた人間だからどっかで持ち分を与えてやらないと、プライドがあると思って、直接上につながる試合、万が一負けることがあっても、それがダメージにならない試合によって多少メンバーを入れ替えてユニホームを着て戦えるような時間を作ってやろうとは思ってきたんですけどね。甘いっていえば、甘いんですけど。人間、誰しもが俺も今ここに生きているんだぞと、俺だってここにいるんだぞっていう、そういう場を与えてやれたらなぁと思ってはいたんですけどね。でも、佐々木先生のように100人近い部員がいれば、そうしたいと思ったって、実際には難しい問題ですよね。

「佐々木」 そうですね。

このページのトップへ