3年連続の選抜甲子園出場の明豊で、九州大会で獅子奮迅の投球を見せたのが左腕の太田 虎次朗だ。巨人・太田 龍投手の兄であることが大きな話題となったが、太田の投球無しでは明豊の躍進はあり得なかった。

 秋季大会は主に先発としてチーム最多の6試合に登板し、32回1/3を投げて防御率1.95の48奪三振。九州大会では1回戦の九州国際大付戦、準々決勝の神村学園戦と2試合で先発しゲームメイクすると、準決勝の大崎戦では5回から救援で登板し、敗れはしたものの7回2/3を投げて2失点、11奪三振2失点と力投を見せた。

 「冷静で淡々と投げるタイプ」と川崎監督が評するように、決して口数の多い訳ではないが、太田は虎視眈々と日本一を目指して冬のトレーニングに励んでいる。

バランス重視で球速アップに成功


 鹿児島県出身の太田は、さつま町立宮之城中で3年間を過ごした。甲子園で戦う明豊の姿に憧れを抱きながら中学3年間で腕を磨き続けた。そんな太田の投球を見たコーチ陣の目に止まったことで明豊へ入学するに至ったが、当時は中学生の中でもそこまで目立つ存在はなかったと自己分析する。

 「ユニフォームも格好良いなと思っていたので、声を掛けていただいた時は嬉しかったですね。入学した当時は周りのレベルの高さに驚きましたし、球速も130キロ出るか出ないかの投手でした。1年生の時の冬の練習で球速が上がりました」

 球速が上がった要因に、太田はフォームのバランスを挙げる。冬のトレーニングでもちろん体も大きくなったが、それ以上にじっくりとフォーム作りに取り組んだことで、感覚良く投げることができるようになった。

 球速アップと同時に制球力も向上し、2年夏の交流試合・県立岐阜商戦からベンチ入りを果たす。1回1安打1失点で甲子園デビューを飾り、最速140キロをマークした。

 「具体的にここを修正しろとは言われなかったのですが、投げやすいフォームで投げようとコーチには言われていました。そこを意識するうちにバランス良く投げることができるようになり、ボールも低めにコントロールできるようになりました」