「打てる捕手」

 多くの球団が毎年ドラフトで獲得したいと考える選手の1人ではないだろうか。2019年ドラフトで言えば、中日・郡司 裕也仙台育英出身)や千葉ロッテ・佐藤 都志也聖光学院出身)が当てはまるのではないだろうか。

 そして2020年も関本 勇輔履正社)や牧原 巧汰日大藤沢)が高校生ではそのタイプだろうが、奈良の郡山にいた高校通算32本塁打の土井 翔太も肩を並べる存在だ。

内から捌くスイングが高校での活躍に繋がった


 最高成績は2年生の春の近畿大会ベスト4。甲子園の経験はないが、遠投105メートルの強肩を活かした二塁送球は1.79秒をマーク。高校通算32本塁打を誇るバッティングは、使い始めて僅か3か月という木製バットでも快音を連発する。

 まさに逸材と言っていい土井は、4つ上の兄の影響で5歳から軟式野球の平野パイレーツで野球を始める。始めたばかりのころはライトが多かったが、小学校へ入学するころにはセカンドを中心に内野全般を守るようになり、小学6年生からキャッチャーも始めた。

 そして大好きだったと本人も語るバッティングは「来たボールに対してとにかく思い切り振っていました」とフルスイングを信条に上位を打たせてもらうことが多かったとのことだ。

 中学へ進学すると、土井は部活動ではなく硬式野球の郡山シニアへの入団を選ぶ。入団のキッカケを聞かせてもらうと、「当時の監督に誘われて練習を見学に行きまして、レベルは高かったのですが、『レベルの高いところでやりたい』と思いまして、入ることを決めました」と厳しい環境に身を投じたかったことが決め手となった。

 ただ軟式から硬式に変わったことで、苦労したこともあった。

「硬式に変わったことで、特にバッティングでは詰まったら手が痛くてしっかりバットが振れませんでした。ただ、そこに関しては徐々に慣れていくことで克服はできました」

 ではどういった工夫を凝らすことで、きっちりボールに対して芯で捉えられるようになったのか。

「基本的なことですが、内から外へバットを扱う。つまりインサイドアウトでバットを使えるようになったことと、フルスイングを継続したことで当たったときにヘッドが走るようになって自然と打てるようになりました」