目次

[1]本人も驚いた奇跡に近い勝ち上がりで甲子園をたぐり寄せた
[2]甲子園での敗戦が野球人生を大きく左右した


 近年では2年連続で夏の東東京大会で準優勝に輝いている都立小山台。2014年の選抜で都立高初の21世紀枠に選出されたことが記憶に新しい方も多いはずだ。

 その時、マウンドに立ち、強敵相手に堂々たる投球を見せていた伊藤 優輔は社会人まで進み、野球を継続。ドラフト候補にまで成長し、2020年は遂にドラフト解禁。勝負の1年を迎えていた。

 今回は2年生の秋の躍進や選抜での戦いにスポットを当てていきたい。

本人も驚いた奇跡に近い勝ち上がりで甲子園をたぐり寄せた


 2年生の夏、初戦の日体荏原との一戦で、押し出し四球で決勝点を与えた伊藤。試合にも敗れ去り、「悔しさをぶつけよう」と強い覚悟をもって新チームをスタート。これまではエースとして引っ張ってきたが、新チームからは主将という新たな肩書を背負うことになった。

 伊藤は、「周りを見ながらプレーをするようになり、チーム全体を考えてピッチングをするようになりました」と意識の変化が生まれた。ただ不安はあった。
 「入学当初から発破をかける意味でも福嶋先生から『最弱の代だ』と言われてきていたんです。たしかに1つ上の先輩は上手かったので、比較すると能力が劣っていて前のチームよりも能力は落ちていると感じていました」

 こうして迎えた2年生の秋。不安を抱えていた伊藤の想いとは裏腹にチームは順調に予選突破。そして都大会に進出すると、堀越に3対2と接戦で勝利。続く2回戦では強豪・早稲田実業には9対5で勝利すると、3回戦・日大豊山にも勝利。気がつけばベスト8まで勝ち残った。

 準々決勝・東海大高輪台には3対5で敗戦したが、夏の悔しさをぶつけるべく取り組んできたことが実を結ぶ結果となった。「くじも良くなかったので、8強は本当に奇跡に近い勝ち上がりだったと思います」と伊藤は振り返る。

 するとベスト8の成績などが評価され、21世紀枠の推薦校に選出。そして1月24日、都立小山台の下に選抜出場の便りが届いた。学校はもちろんのこと、都立校が21世紀枠で初めて選出される快挙を達成し、1つ歴史を作った。

 しかし「出場できることは嬉しかったですが、全国で戦えるか不安の方が大きかったです」と選抜までの2か月間は不安とも戦いながら練習を重ねた伊藤。そして3月14日に抽選会が開かれ、都立小山台の記念すべき初の全国舞台の対戦相手は履正社になった。