目次

[1]野球への情熱が傾いていなかった中学時代
[2]野球人生を大きく変えた明徳義塾戦

 最速148キロのストレートを武器にドラフト候補として名前が挙がっている和歌山東落合 秀市(3年)。今でこそプロ注目の投手だったが、中学時代は控えで無名の存在。高校でも野球を続けるつもりはなかったという。そんな選手がどのようにしてここまで登りつめたのか。夏の大会での活躍が期待される本格派右腕の本音に迫った。

~関連記事はこちらから~
2019年  第101回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会
智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】

野球への情熱が傾いていなかった中学時代



インタビューに答える落合秀市(和歌山東)

 4人兄弟の末っ子として誕生した落合は2人の兄が野球をしていたこともあり、後を追うように小学1年生から四箇郷少年クラブで野球を始めた。小学生時代から投手に取り組んでいたが、当時はユーティリティープレーヤーだったと振り返る。

 「今は投げることしかできないんですけど、小学校の時はオールラウンダーでした。1番バッターでキャッチャーやショートをやっていました。盗塁もしていましたよ」

 恵まれた野球センスで小学生時代は中心選手として活躍していた落合。中学ではヤングリーグの和歌山ビクトリーズに進んだが、試合に出場する機会は少なかった。現在は那賀のエースとして活躍している谷脇弘起(3年)の存在もあったが、それ以上に自らの野球に対する姿勢に問題があったと本人は話す。

 「あまり練習してなくて、ランニングの時も友達と遊んだりしていました。それを指導者さんも知っていて、干されていたんですよ。それが3年間ずっと続いていました。ある程度の球は投げられていたので、たまに試合には出ていましたが、基本的に試合には出ていなかったです。当時はただただ通っていただけでしたね」

 中学の時点で138キロの速球を投げながらも野球に情熱を傾けていなかった落合は「高校でするつもりはなかったんですよ」とあっけらかんと話す。結局は和歌山東に進んで野球部に入部したが、その理由も特に深いものではなかった。

 「野球部の説明会に行って野球やろうかなという感じで始めてみて、気づいたら今みたいな感じになっています」

 入部当初には今のような状況は想像できていなかった。同期の野口聡大(3年)は「最初の頃は辞めたいみたいなことを言っていました」と当時の落合について話す。まだ心に火が付いてなかった状態でいつ辞めてもおかしくない状態だったそうだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。