目次

[1]兵庫から北海道へ!東海大札幌を選んだ理由
[2]強く振れるのが持ち味!


 「本当は4番、5番を打っててもおかしくないんです」
 大脇英徳監督がポテンシャルを感じ、飛躍を期待している選手は大岸 悠斗だ。

 期待とは裏腹にこれまで大岸は悔しい思いをしてきている。

 「自分は、1年生の秋の大会、背番号取りたかったんですけど、悔しい思いをして、2年生の自分たちの代になって秋の大会も背番号を取ろうと思ってやってきたんですけど、なかなか思うようにいかなくて結果を残せなくて」と思いを吐露している。

 ただし大岸は諦めていない。

 「秋の大会が終わってからというのは、自分の中で足りないものがたくさんあって、指導者の方々に指摘されることも沢山あるんですけども、それをもっと見直していきながら練習に取り組む姿勢だったりとかそういうのをこの冬の間に何もかも全て向上させて最後春・夏と迎えて自分がキーマンになるんだという意識でやりたいです」と巻き返しを誓っている。

 そんな飛躍の可能性を秘めている打者・大岸にフォーカスした。

兵庫から北海道へ!東海大札幌を選んだ理由



インタビューに答える大岸悠斗

 大岸の出身は、高校野球の聖地・甲子園球場がある兵庫県・西宮市だ。そんな環境で生まれ育った大岸が野球を始めない理由などない。子供の頃から当たり前のように野球を始め、中学時代は東成シニアでプレーをしていた。チームには大岸の1つ上の学年に徳寄 将栄がいた。

 同じシニアでプレーをする徳寄について大岸は

 「中学校の時に打つスタイルと言うか、決して大きいの狙いにいかずに、間を抜いていくバッティングがすごく上手くて、それに憧れていて、自分もその影響を受けて広角打法というのをすごく意識して練習していた部分もありました」と話してくれた。

 その徳寄が高校の進学先に決めたのが東海大札幌だった。

 高校では県外に出て、いつか自分の住んでいた甲子園に凱旋したいという思いがあった大岸が、色んな高校から話があったなかで徳寄を追うように東海大札幌の入学を決めたのは想像に難しくない。

 こうして大岸は、高校野球の聖地から1000キロ以上離れた北の大地・札幌でプレーすることになった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。