第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力2018年12月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]手打線の傾向に応じたピッチング
[2]走者2人も刺した高いけん制技術!その秘密は?

 現地時間の12月18日のキューバ代表の第2戦。強力なキューバ代表相手に7.2回を投げて、自責点0の快投を見せたのが細野 晴希投手(東亜学園)だ。細身の体系から最速139キロのストレートとキレのあるスライダーをコンビネーションに、キューバ代表を手玉に取るピッチングは代表首脳陣だけではなく、高野連関係者からも称賛が相次いだ。そんな細野の快投を振り返りつつ、細野の絶対的な武器になりつつある一塁けん制の秘密についても探った。

相手打線の傾向に応じたピッチング



第2戦で好投を見せた細野 晴希(東亜学園)

 まさに窮地を救うピッチングだった。2回表から登板した細野は4点目を献上する二塁打(記録上は自責点0)を打たれるものの、そこからピッチングを切り替えた。細野といえば、手足が長く、脱力した投球フォームから繰り出すストレートが持ち味だ。夏から5~10キロ速くなり、常時130キロ中盤の速球は回転数が高く、キューバ打線を押し込むピッチングを見せる。それでも細野は「体が開いていて思うように腕が振れなかった」と、日本にいたときのようにストレートだけでは簡単に通用しないと察知し、変化球中心のピッチングを展開。

 自信のある130キロ前後のカットボール、120キロ中盤のスライダー、120キロ台のチェンジアップ、スプリットを低めに集めていった。7.2回を投げて、自責点0に抑えたが、キューバ打線の対応力の高さを実感していた。
 「カットボールは最初通用していたんですけど、自分の中では甘くないカットボールをバックスクリーンのフェンス際まで飛ばされたのは非常に驚きました」
 それでも最後まで自分のピッチングを貫いた。前田監督は「細野君はコントロールが良いし、低めに変化球が集まったのが良かったですね」と投球内容を評価していた。

【次のページ】 走者2人も刺した高いけん制技術!その秘密は?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小松涼馬
細野 晴希(ほその・はるき)
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 東海大菅生中-東亜学園
【関連記事】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
東亜学園vs明大中野【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
東京代表vs日本大学【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
細野 晴希(東亜学園) 【選手名鑑】
東亜学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー