第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり2018年04月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]速球を投げるための体作り
[2]自身で語る投球フォームについて
[2]リリーフに対する思い

自身で語る投球フォームについて


投球練習をする甲斐野 央投手(東洋大)

 そんな甲斐野投手に自身の投球フォームについて解説してもらった。

―― Q.フォームで意識していることは何でしょうか?
甲斐野 高校時代はどうしても上半身だけで投げてしまう感じでした。よく「下半身を使って投げろ」と言われますが、正直、どうすれば下半身を使えるのかが分からなかったんですよね。でも、東洋大に来てから玉井(博信)コーチに「下半身から上半身へ動きを連動させられれば、それは下半身を使っているということだ」とアドバイスをされて、体全体を使って投げるようにしていきました。

――Q.実際にはどのように体を動かしているのでしょうか?
甲斐野 これまでは踏み出す左足が地面に着いた時、既に投げにいっている状態で上半身と下半身が一緒に前へ動いていました。それを下半身主導に変えるため、左足が地面に着いてから、上半身が追いかけるように前へ動いて投げるようにフォームを修正したんです。この時、腰のひねりを利用して投げるので、ボールに力強さも加わったと感じています。

――その新しいフォームはどのようにして習得したのでしょうか?
甲斐野 自分のフォームを連続写真で撮影して、プロの投手と比較しました。すると、自分は左足が地面に着いた時、プロの投手に比べて左肩が早く開いていることが分かったんです。やっぱり自分の目で見て、理解することはとても大事なことですよね。それからはフォーム固めのために投げ込みをして、大学1、2年の頃は多い時で300球を投げていました。当時は大学の先輩の原 樹理さん(ヤクルト)がブルペンで投げ込んでいるのを間近で見ていたので、自分も「とにかく数をたくさん投げないといけない」という思いでやっていました。

――Q.その他に、ピッチングで心掛けていることはありますか?
甲斐野 リリースですね。「リリースは前で離せ」という言葉がありますが、自分は前で離そうとすると、体も前へ動いてしまって上手く投げられなかったんです。そんな時に、原さんから「前じゃなくて、下で投げろ」とアドバイスをしていただいたんです。イメージとしてはお腹より下、ヒザに近いあたりでリリースするイメージです。もちろん、実際はそんなことないんですけれど、でも意識を変えたことで長くボールが持てるようになり、最後のひと押しができるようになったので打者の手元でボールが伸びるようになりました。

【次のページ】 リリーフに対する思い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中川 圭太
甲斐野 央 (かいの・ひろし)
  • ポジション:投手
  • 身長:185センチ75キロ
  • タイプ:右投左打
  • 東洋大姫路-東洋大学
【関連記事】
第718回 3季連続優勝を狙う明石商を阻む学校は現れるのか?【大会展望・総括コラム】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第444回 市立尼崎高等学校(兵庫)「連覇目指す市立尼崎の夏」【野球部訪問】
第469回 報徳学園、神戸国際大附など精鋭揃いの36チームが登場!2回戦で好カードが続出【春季兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第355回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【後編】「トレーニング後に、さらにやり切れるかが成功の分かれ目」 【2015年インタビュー】
第354回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【前編】「プロ入り6年目でレギュラー定着に導いたトレーニング術」 【2015年インタビュー】
第95回 JFE東日本 鹿沼圭佑選手 【2012年インタビュー】
東洋大姫路 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー