第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり2018年04月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]速球を投げるための体作り
[2]自身で語る投球フォームについて
[2]リリーフに対する思い


 東洋大でロングリリーフも厭わない救援投手として活躍し、昨秋の東都大学野球リーグでは5勝を挙げて最優秀投手とベストナインを受賞した甲斐野 央投手。ストレートは最速154km/hを誇り、今秋のドラフト上位候補とも見なされている逸材だが、その甲斐野投手に球速アップの方法などについてお話をうかがった。

速球を投げるための体作り


東洋大姫路時代の甲斐野 央選手

 東洋大姫路時代の球速はMAX141km/hだったという甲斐野投手。大学2年春のリーグ戦で初めて150km/hに到達し、昨秋のリーグ戦ではほぼ毎試合150km/hオーバーを記録。そして、今春の楽天二軍とのオープン戦では自己最速を更新する154km/hをマークした。
 しかし、「実はスピードアップのための特別な練習はしていないんですよね。ただ、体作りは大事だと考えていたので体幹トレーニングやウエイトトレーニングはやっています。体幹トレーニングは体勢をキープするスタビライゼーションなどオーソドックスなものがほとんどですね。ウエイトトレーニングは下半身、特にお尻を大きくしたかったので、10回くらい持ち上げられる重量のバーベルを担いでスクワットをしています。この時、自分が鍛えたいところを意識してしっかりと負荷がかかっているのかを確認しながらやることが大切だと思います」

 また、ランニングも多くこなしている。「この冬もグラウンド1周のタイム走だったり、5km走だったり、厳しい練習をしてきました。ただ、ランニングに関しては高校の頃の方が走っていましたね」。その高校時代のランメニューだが、「冬はグラウンドから4kmほどの距離がある学校まで走っていって、近くの書写山という山を登って下りて、またグラウンドまで帰ってくるという合計10kmほどのランニングを毎朝、やっていました。それがアップのような感じだったのですが、本当にキツかったですね。夏は夏で練習終わりにタイム走などをやっていたのですが、それもしんどかったです。でも、あの時、たくさん走った貯金が今に生きていると感じますね」。
 また、東洋大姫路では、あえていろんなポジションを守ることが多かった甲斐野。「ピッチャーも全ポジションの練習をしたんですが、それぞれのポジションの立場からいろいろと考えることになったので野球を知ることができたような気がします。守備が下手だったのですが、内野手の練習をしたことでフィールディングが上手くなりました。東洋大姫路のピッチャーはみんなフィールディングが良かったと思います」

【次のページ】 自身で語る投球フォームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中川 圭太
甲斐野 央 (かいの・ひろし)
  • ポジション:投手
  • 身長:185センチ75キロ
  • タイプ:右投左打
  • 東洋大姫路-東洋大学
【関連記事】
第775回 センスと思考力を併せ持つ社会人No.1スラッガー・笹川晃平(東京ガス) 【2018年インタビュー】
第718回 3季連続優勝を狙う明石商を阻む学校は現れるのか?【大会展望・総括コラム】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第444回 市立尼崎高等学校(兵庫)「連覇目指す市立尼崎の夏」【野球部訪問】
第469回 報徳学園、神戸国際大附など精鋭揃いの36チームが登場!2回戦で好カードが続出【春季兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第355回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【後編】「トレーニング後に、さらにやり切れるかが成功の分かれ目」 【2015年インタビュー】
第354回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【前編】「プロ入り6年目でレギュラー定着に導いたトレーニング術」 【2015年インタビュー】
第95回 JFE東日本 鹿沼圭佑選手 【2012年インタビュー】
東洋大姫路 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー