2019年07月15日 ノーブルスタジアム水戸

常総学院vs日立商

2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

常総学院が5回コールド勝利!3番・菊田拡和、4番・斉藤勇人のプロ注目コンビが連続ホームラン

 茨城大会3回戦、Aシードの常総学院日立商のカードを迎えた。常総学院は初戦となった2回戦で鬼怒商を7回コールドで下した。この日の先発は背番号18の長身右腕・一條力真が任された。対する日立商は初戦の2回戦で藤代紫水を5対1で下した。先発は背番号1の左腕・大森翔である。

 2回裏、常総学院が先制のチャンスを迎える。四球と7番・北澤侑樹のライト前ヒット、8番・手塚 悠も四球で二死満塁とするが、9番・一條は三振に倒れる。

 ピンチをしのいだ日立商は3回表に初めて得点圏にランナーを進める。二死から9番・大森がチーム初ヒットで出塁すると、1番・斉藤滉太が死球で二死一、二塁とする。しかし、2番・綿引順平はショートゴロに倒れ得点は奪えない。

 3回裏、二巡目となった常総学院打線が火を噴く。1番・鈴木琉晟が深めのセンター前ヒットで二塁を落とし入れると、2番・中妻 翔はサードへのセーフティバントで無死一、三塁とする。ここで3番・菊田 拡和は初球を左中間スタンド上段に運ぶホームランを放ち3点を先制する。さらにホームランの興奮冷めやらぬ中、4番・斉藤 勇人はレフトポール際に特大ソロホームランを放って4点目を挙げる。

 4点を追う日立商は4回表、先頭の3番・田村颯太、4番・富永拓(2年)の連打と内野ゴロで二死一、三塁のチャンスを迎えるが、7番・鈴木雅士(2年)は空振り三振に倒れる。

 4回裏、常総学院打線の勢いは止まらない。簡単に二死となるが、1番・鈴木がこの日3本目のヒットで出塁し、2番・中妻のライトへのツーベース、3番・菊田は四球で無死満塁とすると、4番・斉藤が左中間を深々と破る走者一掃のツーベースを放って3点を追加する。日立商はここで背番号15の右腕・田代駆(2年)を投入し、後続を断つ。

【次のページ】 常総学院vs日立商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春夏も期待できる結果!常総学院のここまでの戦歴を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
阪神へと移籍した中田賢一は高校時代、無名の存在 【ニュース - 高校野球関連】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第633回 好投手攻略へ、打撃力、筋力アップを遂げ、激戦・茨城を勝ち抜く!石岡一(茨城)【野球部訪問】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
藤代vs鹿島学園【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
日立商 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 茨城大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

茨城県地域応援スポンサー

茨城県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る