明秀学園日立が4対0で水城を下し準決勝進出!プロ注目・細川成也、打っては先制ツーランホームラン含む3打点、投げては9回完封!

 茨城大会準々決勝第2試合は明秀学園日立水城というノーシードのチーム同士の対戦だ。

 先攻・明秀学園日立の先発は背番号1の右腕・細川 成也、後攻・水城の先発は背番号10の右腕・黒木 翔立となった。

 1回表、明秀学園日立は一死から2番・秋山魁斗がライト前ヒットで出塁すると、3番・細川 成也がインハイのストレートを詰まりながらもレフトスタンドに叩き込み2点を先制する。なおも2つの四球とボークで二死二、三塁と攻め立てるが、追加点は奪えない。

 1回裏、水城は先頭の笹嶋尚輝がセンター前ヒットで出塁し、犠打と内野安打で二死一、三塁とするが、5番・樫村 昌樹は空振り三振に倒れる。

 2回表、明秀学園日立は内野安打と2つの四球で二死満塁とするが、4番・森下 慶四郎はライトフライに倒れる。

 3回表、明秀学園日立は先頭の5番・芳賀 大成(1年)がセンター前ヒットで出塁するが、盗塁でアウトとなりチャンスを作れない。

 3回裏、水城は先頭の9番・中根大樹がレフト前ヒットで出塁し、送って二死二塁とするが、3番・根本 拓真はサードファールフライに倒れる。

 4回裏、水城は先頭の4番・前島 健志郎が四球で出塁し、送って一死二塁とするが、6番・深谷はショートフライ。7番・朝倉 大智は見逃し三振に倒れ、後1本が出ない。

 5回表、明秀学園日立は一死から3番・細川が四球で出塁し、送って二死二塁とするが、5番・芳賀の当たりは水城セカンド・中根の好守備に阻まれ追加点は奪えない。

 5回裏、水城は一死から9番・中根が四球で出塁するが、内野フライと空振り三振で二塁に進めることができない。

 6回裏、水城は一死から4番・前島がセンター前ヒットで出塁するが、5番・樫村はキャッチャーファールフライ、6番・深谷 尚希はピッチャーゴロに倒れる。

 7回表、明秀学園日立はついに追加点を奪う。先頭の9番・内田 智也がライト前ヒット、1番・糸野 雄星が四球で、送って一死二、三塁から、3番・細川のレフト犠牲フライで1点。さらに返球が逸れて二走・糸野が生還し1点。なおも4番・森下はサード強襲ヒット、5番・芳賀はライト前ヒットで二死一、三塁とチャンスは続くが、6番・若松 祐斗はショートゴロに倒れる。

 7回裏、水城は一死から8番代打・薄井洸二朗がセンター前ヒットで出塁するが、後続はフライアウトに倒れるチャンスを作れない。

 8回表、水城は2番手にサードの守備に就いていた深谷をマウンドへ送り3人で斬ってとる。

 9回表、明秀学園日立は先頭の1番・糸野がライト前ヒットで出塁し、送って一死二塁とするが、3番・細川はインコースストレートを見逃し三振。4番・森下は外のスライダーを空振り三振に倒れる。

 9回裏、水城はランナーを出せずに試合終了となる。

 明秀学園日立が4対0で水城を下し準決勝進出を決めた。次戦は昨年と同様に準決勝の舞台で霞ヶ浦と対戦する。

(文=伊達 康)

注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ