2009年07月15日 明石球場

滝川第二vs尼崎稲園

2009年夏の大会 第91回兵庫大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合シーン

エースが復帰するまで負けられない

昨夏の東兵庫大会ではベスト4、昨秋の県大会は準優勝、今春の県大会でもベスト8入りし、優勝候補の1つにあげられている.シード校の滝川第二に予想外のアクシデントが起こったのは6月中旬。チーム強化のために行った福井遠征の練習試合でした。チームの大黒柱で今大会好投手として注目されているエースの松本 佑が、練習試合で利き腕の右手に死球。右手薬指の第一関節を粉砕骨折し、全治2ヶ月のケガを負ったのです。今大会の出場も危ぶまれましたが、驚異的な回復と最後の夏にかけるエース松本の執念で、3日前から遠投と軽いキャッチホールを開始。エース松本は初戦、元気な姿でベンチに入りました。このエースの姿を見て、滝川第二ナインが奮起しない訳がありません。

初回2アウトから3番倉崎と4番藤原が、レフト前に連続ヒットを放ち、1・2塁にでると、5番中原が打ち上げた平凡な外野フライをライトが落球。エース不在で先手を取りたかった滝川第二が、ラッキーな先取点をあげます。


続く2回も、先頭バッターの7番山本 真礼が意表をついたセーフティーバントを3塁線に決めてチャンスメイクすると、8番キャプテン川井が、きっちりバントで送り、9番山本 晃司も右中間に落ちるテキサス・ヒットでつなぎ、1アウト1・3塁から1番中村のショートゴロ併殺崩れで1点を追加します。さらに2アウト・ランナー2塁から、2番今井の左中間2ベースでもう1点を追加した滝川第二が、エースに心配させない効率の良い攻撃で、序盤3対0とリードします。

一方、エース松本に変わって大事な初戦のマウンドを任されたのは、松本と同じ3年生の背番号⑪山本 晃司。対戦相手の尼崎稲園が、県立大附属との1回戦で12対9の乱打戦を制し勝ち上がってきたこともあり、滝川第二の北森 哲治監督は、右サイドスローの山本 晃司を先発させました。 先発の山本 晃司は、緊張しすぎて立ち上がりから、抜けた球が多く、制球が乱れます。3回まで四球2・死球2・ワイルドピッチ1・パスボール1の大乱調。しかし、「松本君の分まで頑張りたい」という想いが後続を断ち、3つの三振でピンチを切り抜けます。

先発・山本 晃司の投球が落ち着いてくると打線も再びつながります。5回1アウトからセンター左へのヒットで出た3番倉サキを1塁において、4番藤原が左中間に3ベース、5番中原がレフトへ連続タイムリー。そしてこのあと、ワイルドピッチと7番山本 真礼のセンター前タイムリーもでて、滝川第二がこの回、一挙4点を追加します。さらに7回、5番中原と6番藤本の連続ヒットを、7番山本 真礼が送りバントでつないで、1アウト2・3塁から8番キャプテン川井がスクイズ。ピンチヒッターの真城も、左中間にタイムリーを放って2点追加。滝川第二が9対0と、大量リードを奪います。

尼崎稲園もその裏、この回からマウンドに上がった滝川第二の2番手投手⑩大島が、制球を乱して3四死球を出したところを攻め、2アウト満塁から押し出しの四球。ようやく1点を返しますが、反撃もここまで。12安打を放った滝川第二が、エース松本不在の中、9対1・7回コールドで初戦を突破し、3回戦で尼崎工業と対戦することになりました。


【滝川第二:北森 哲治監督】
先発の山本 晃司は、去年秋の県大会の報徳学園戦でも先発させた投手で、尼崎稲園打線を抑えられると考え先発させました。球が荒れて、制球も乱れ、立ち上がりがダメでした。バッティングは、フライが多いので、打球を転がせて相手のエラーを誘うようなたたきつけるバッティングをしなければなりません。エース松本は、次の3回戦で肩慣らしのため、少し投げさせます。スタミナが心配ですが、決勝まで行けば、エース松本に復活ピッチングをさせてやれるので、松本が投げられるようになるまで、他の選手みんなで力を合わせて勝って行きたいと思います。

【滝川第二:先発⑪山本 晃司投手】
緊張しすぎて、ストレートがコースに決まらなかった。試合の立ち上がりから緊張して、コントロールが乱れ、抜け球が多かった。松本君が戦列復帰するまで、負けられません。松本君の分も、頑張ります。


(文=田村正浩

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
村上宗隆、清宮幸太郎だけじゃない! 湯浅大、高松渡ら高卒3年目の俊足系、守備型野手が急浮上 【ニュース - 高校野球関連】
中日・石川昂弥にかかる和田一浩以来の日本人選手による30本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第510回 個性派集団をまとめた五常の徳。激戦区・東兵庫を制し甲子園へ 滝川第二(兵庫)【野球部訪問】
第716回 東兵庫展望 滝川第二と報徳学園が同ブロック!4回戦が盛り上がりそう!【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs滝川第二【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
滝川第二vs乙訓【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
須磨友が丘vs滝川第二【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選】
県立尼崎vs尼崎稲園【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球 支部予選】
育英vs滝川第二【兵庫県 2015年秋の大会 平成27年度秋季兵庫県高校野球大会】
尼崎稲園 【高校別データ】
滝川第二 【高校別データ】
第91回兵庫大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

兵庫県地域応援スポンサー

兵庫県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る