広島工業接戦をものにし準々決勝へ

 降雨のため四時間近くの順延を余儀なくされたが、23日の広島県大会も無事に開催された。雨で大会の日程がずれこみ、選手たちもコンディションを整えることに四苦八苦していることだろう。広島県総合グラウンドでは本来午前十時に行われるはずだった第一試合、広島工安西の試合が行われた。広島工は七年前に元日本ハムファイターズの宇佐美塁太を要して甲子園に出場した実力校だ。ただし、グラウンドコンディションが劣悪な今日はなかなか力が発揮できない。

 初回、先発の三好大和(3年)が安西の先制攻撃を受ける。一番の赤城創大(3年)がセンターへの鮮やかなヒットで出塁すると、直後に盗塁。二番の岡村真弥(3年)がファーストゴロに倒れる間に三塁へと進塁し、打席にはクリンナップの三番多田竜規(3年)。三好が早くストライクを入れたいと願って投げた力のない半速球をスクイズ。これが決まり、安西が先制した。

 長い中断で集中力が切れていた広島工だったが、すぐさま反撃に出る。先制されたすぐ裏の回、安西先発のサウスポー、西中諒(3年)を攻め立てた。こちらもまだ集中しきっておらず、一番花本海夢(3年)にあいさつ代わりとばかりのヒットを打たれる。二番田中が送りバントで一死二塁。三番の大谷こそ三振に倒れたが、西中はなかなかそこから最後の一死が取れない。四番の柴田時人(3年)に死球。五番の舛宗遼太(3年)にはセンター前にタイムリーを許し同点に追いつかれる。直後の六番橋田康太(3年)にもタイムリーを許しこれで一点ビハインドをつけられた。

 両チームとも本来なら四時間前に試合を始める予定だったのが、降っては止みを繰り返す雨に集中を乱されていたと思われる。このまま緊張感のない試合になるのかと思われたが、両投手はこれで完全に目が覚めた。広島工先発の三好は二回以降、ヒットこそ許すものの、ほとんど得点圏にランナーを置かない快投を見せる。一定のリズムではなく、時に長く、時にすぐにと打者に主導権を握らせない見事な投球術を披露した。対照的に安西先発の西中は粘り腰。強打で知られる広島工打線にヒットを許し、盗塁もされる苦しい展開が続いたが、それでも最後のあと一押しを決して許さない。広島工の記録した残塁は12を数え、西中がいかにランナーを背負いながらも生還を許さなかったのかがわかる。

 一回に得点してからというもの、試合は全くの膠着状態。広島工は背番号1の藤昇真(3年)が初回からブルペンで投球練習をしていたが、緊迫した試合展開のあまり交代のタイミングがつかめないまま九回まで来てしまう。安西はわずかな差を追いかける展開、ワンヒットでひっくり返る状況だ。広島工はここまで百球近く投げている三好に追加点を与えることが出来ないまま、一点差で九回に入る。簡単に二死を取ったが、それもあと一歩のところで八番の日高翔太(3年)にヒットを許す土俵際。

 しかし最後まで三好は冷静さを失わず、制球力も損なわれていなかった。最後の打者、代打の大前翼(3年)をライトフライに打ち取りゲームセット。わずかな点差を最後まで守り切る緊張感のある試合は、広島工に軍配が上がった。

 どちらも県立校で、私学有利の感もある高校野球では少し劣勢なのは否めない。しかしこの二校はどちらも最後まで試合を捨てず、ハイレベルな技術の応酬を見せてくれた。勝ち、負けがあるとはいえ、その差はほぼない。選手たちのレベルは近年ますます上がってきている。そうした背景を実感した試合だった

(文:編集部)