西日本短大附・大嶋がクレーバー投球で完封V、松本翔はプロ志望


 全国優勝の経験がある西日本短大附。2年前に続く決勝の舞台にコマを進めた。対する真颯館九州工から校名変更となって初めて決勝の舞台を踏んだ。学校に新たな歴史を刻むことができるのか。プロ注目最速146キロ左腕、松本翔(3年)がどこまで西日本短大附打線を封じるのか、最大のポイントでもあり、唯一のポイントでもあった。

 ともに思わぬ「ほころび」から始まった。1回表、真颯館の攻撃。二死走者なしから3番打者が放ったなんでもないゴロを西日本短大附の攻守の要、林直樹遊撃手がポロリとこぼしエラーを記録した。しかしマウンドの大嶋 柊(3年)は次打者4番打者を三振に仕留め切り抜ける。

 今度はその裏、西日本短大附の攻撃。同じく二死走者なしから四球で出した走者を、先発松本翔が一塁けん制で走者を誘い出したところまではよかったが、挟殺プレーで真颯館の内野陣の連携がうまくいかず、二塁ベースががらあきになり、二死二塁となった。相手のミスを見逃さないのが「西短野球」。全国Vを成し遂げた時からの「伝統芸」は引き継がれていた。4番三宅 海斗(3年)が左前タイムリーを放って1点を先制した。三塁側ベンチで「西短」ユニホームが沸きに沸いた。

 実はここで勝負が決まっていたのかもしれない。その後も、3回、5回、6回、7回とボディーブローのように1点ずつを加えていく。徐々に徐々にプロ注目左腕の体力を消耗させていった。7回を終わって5ー0とリード。経験豊富なチームは相手に一瞬のスキも与えなかった。

 マウンドの大嶋にも、相手にスキを与えるわけにいかない理由があった。準決勝の飯塚戦で176球の熱投ながら8失点。伝統校のエースのプライドが許さなかった。真颯館相手に4回までは無安打。5回に初安打を許したが、右腕の力は緩めない。7回には自己最速の144キロをマークした。8回、9回はパーフェクト投球。結局7回以外は毎回となる8奪三振、わずか3安打に抑える完封劇をやってのけた。