第3回 仁志 敏久氏に聞く!グラブの選び方!2015年04月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]グラブの形から選ぶ
[2]革によるグラブの違い / 試合用グラブと練習用グラブ
[3]オーダーグラブと仁志さんのグラブへのこだわり

オーダーグラブと仁志さんのグラブへのこだわり

仁志 敏久さんモデルのグラブ

 最近では、オーダーメイドグラブを作る高校球児も少なくはない。そのような現状の中で、オーダーメイドグラブに関しても話を伺った。

仁志 「しっかりと吟味をして、できるのであれば自分用を作ったほうがいいですね。やはり、自分の手になじむものが一番いいので。僕もオーダーのグラブを使っていましたが、作り手によってはすごくなじむグラブを作ってもらえるので重宝していました」

 また、仁志さん自身が使っていた巨人時代と横浜時代のグラブには、大きな形の違いがあったという。

仁志 「実は、巨人時代と横浜時代とでもグラブの形は若干違いますね。大きな違いとしては、巨人時代のものはグラブの面に当てて取ることを考えて作られています。しかし、それでは難しい球を取るのに限界がきてしまうので、横浜時代のものは、しっかりと掴める形のものにしています。他にも、人差し指をグラブから出すと思いますが、僕のグラブでは、人差し指を出すところに特別に革を貼ってもらったり、出しやすいようにグラブ内の芯を抜いてもらったりと工夫をしています」

 グラブをはめて握った瞬間に自分が使えるグラブかどうかがわかるという仁志さん。高校球児の皆さんもやはり、実際に店頭ではめてみてその質感を確かめることが非常に重要となってくるだろう。
グラブによってプレーが左右されることもあるため、グラブ選びは慎重に行い、その後の自身の活躍につなげていくことが大切だ。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第1回 「次世代を担う選手が少ない」スポーツライター・小関順二さんが巨人のドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第89回 稀代のスラッガー・阿部慎之助が引退 今なお輝きを放つ5名の2000年ドラフト戦士たち【高校野球コラム】
第88回 日本開催ラグビーW杯開幕! 日本代表に野球経験者は?【高校野球コラム】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座

コメントを投稿する

プロフィール

仁志 敏久
仁志 敏久(にし としひさ)
  • 1971年10月4日生まれ/茨城県出身
  • 内野手/右投右打
  • 常総学院-早稲田大-日本生命を経てプロ入り。読売ジャイアンツで11年間、その後、2009年まで横浜ベイスターズでプレー。2010年には、アメリカ独立リーグのランカスター・バーンストーマーズに入団。引退後は、野球解説者としても活躍している。2013年侍ジャパントップチーム内野守備・走塁コーチ、2014年侍ジャパン12U代表監督。
  • ■ 著書『わが心の木内野球』 『プロフェッショナル』 『反骨』

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム