11月20日から開幕した第52回明治神宮大会。今回は19年の大学選手権準優勝の仏教大と近畿大工学部の好投手3名を紹介したい。

関連記事はこちらから!
通算47本塁打のスラッガー、九州、広島の怪童、大阪桐蔭史上最高左腕など神宮をわかせる4人の1年生たち
西日本に超高校級捕手が2名。スラッガー揃いの明秀日立など神宮をわかせる逸材野手たち
大阪桐蔭2年生トリオ、クラークの2枚看板など明治神宮大会でブレイクを狙う好投手たち

佛教大vs近畿大工学部


【佛教大】
木下 隆也(4年・奈良大附
21年秋季京滋リーグ戦では5勝を挙げ、ベストナインを獲得。関西代表決定戦では最優秀選手に選出された。
打者を翻弄する切れ味鋭いスライダーが持ち味。また、一昨年の全日本選手権で3勝を挙げ準優勝に貢獻し、敢闘賞を獲得。大舞台の経験が豊富でゲームメイク能力の高い投手。本調子でない時でも試合を作れる本格派左腕。

木村 光(3年・奈良大附
21年の京滋リーグ戦では春・秋両方で最優秀選手賞を獲得。また、第30回ハーレムベースボールウィークに出場する、侍ジャパン大学代表候補合宿メンバーに選出された。
上背はないが、150キロに迫るストレートと鋭く曲がるスライダー、打者のチェックゾーンを超えてから落ちるスプリットなど完成度が高い投手。両サイドを丁寧に投げれるコントロールも魅力。身体能力も高く、将来が楽しみな逸材だ。

【近畿大工学部】
沖田伊吹(2年・三次
高校時代は広島県内で注目を浴びていた本格派右腕。大学入学からメキメキと成長し、今大会出場に貢献した。140キロ中盤の速球は伸びがあり、全国大会で評価を高めることができるか。

(記事:河嶋 宗一