第527回 【福島展望】夏11連覇の聖光学院を阻むのは?今年は多くの実力校が集う!2017年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

斎藤 郁也(聖光学院)

【目次】
[1]今年の聖光学院は投打でバランスが取れたチーム
[2]高校通算45本塁打の園部擁するいわき光洋が怖い存在
[3]福島をリードしてきた学法石川と日大東北の戦力状況は?

 7月7日から開幕する福島大会。夏11連覇がかかる聖光学院を筆頭に多くの実力校が揃っている。

今年の聖光学院は投打でバランスが取れたチーム

 まず優勝の聖光学院。今年は投打にバランスのとれたチームになっている。主戦の斎藤 郁也は直球と変化球のコンビネーションが冴える右腕。昨夏の甲子園での登板もあり、経験値が高い。制球力のある堀田 陸斗や平野 サビィ、前田 秀紀湯浅 京己と投手陣の層は厚く、夏を戦い抜く体制は整っている。攻撃では下級生の頃から試合に出場している小泉 徹平瀬川 航騎のいとこ二遊間コンビに注目が集まる。この春から4番を担う仁平 勇汰や2年生唯一のレギュラーである矢吹 栄希も長打力があり、打線を活性化させる。技量のみならず、今年も聖光学院らしい粘り強さがある。今春の県大会準々決勝では学法石川と対戦。9回に同点に追いつくと、延長11回に4点を奪って11対7で勝利した。歴代の選手たちが積み重ねてきた偉大な記録に挑む聖光学院は初戦で本宮と対戦する。

 聖光学院のブロックには学法石川と接戦を演じた会津がいる。先発した斎藤 勝史は140キロを超える直球とスライダーで相手打線を封じた。1対2で敗れはしたが、相手エースの尾形 崇斗から得点するなど、夏につながる戦いになったはずだ。また、このブロックには、相双地区の実力校・小高工と野球部のなかった小高商が統合し、今春、開校した小高産業技術も入っている。今春は敗者復活戦を勝ち上がり、県大会でも初戦を突破。春先は旧小高工のグラウンドに戻るにあたり、準備不足などもあったが、夏に向けて仕上げてくるだろう。今春の県大会準々決勝でいわき光洋に惜敗した須賀川桐陽もおり、気の抜けないブロックになっている。

【次のページ】 高校通算45本塁打の園部擁するいわき光洋が怖い存在

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第777回 控えからアマチュアの名門を渡り歩きプロの舞台へ!岡野祐一郎(東芝) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第21回 聖光学院高等学校(福島)【12年連続15回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第741回 第100回記念大会の組み合わせ決定 大阪桐蔭、智辯和歌山の戦いの行方は?【大会展望・総括コラム】
第170回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.14「戸郷翔征、田中法彦」【ドラフト特集】
第56回 歳内 宏明【後編】「深い想い」を胸に、復活のマウンドへ【恩師が語るヒーローの高校時代】
東海大相模vs聖光学院【第90回記念選抜高等学校野球大会】
聖光学院vs東筑【第90回記念選抜高等学校野球大会】
聖光学院vs嘉手納【2018年 練習試合(交流試合)・春】
聖光学院vs広島国際学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第615回 星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」 【2017年インタビュー】
第591回 園部 佳太(いわき光洋)「自慢のスイングスピードで通算48本塁打!次のステージでも成り上がる!」 【2017年インタビュー】
第439回 聖光学院高等学校  鈴木駿輔選手 「大学野球でも二刀流として活躍を目指す」 【2016年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
石井 諒(光南) 【選手名鑑】
石井 大也(田村) 【選手名鑑】
磯上 海大(日大東北) 【選手名鑑】
大須 賀旭(学法石川) 【選手名鑑】
大竹 風雅(光南) 【選手名鑑】
尾形 崇斗(学法石川) 【選手名鑑】
小倉 瑠偉(光南) 【選手名鑑】
小泉 徹平(聖光学院) 【選手名鑑】
斎藤 郁也(聖光学院) 【選手名鑑】
斎藤 勝史(会津) 【選手名鑑】
瀬川 航騎(聖光学院) 【選手名鑑】
園部 佳太(いわき光洋) 【選手名鑑】
高木 大介(学法石川) 【選手名鑑】
新田 悠介(東日本国際大昌平) 【選手名鑑】
仁平 勇汰(聖光学院) 【選手名鑑】
楡井 龍之介(日大東北) 【選手名鑑】
藤原 涼雅(学法石川) 【選手名鑑】
堀田 陸斗(聖光学院) 【選手名鑑】
前田 秀紀(聖光学院) 【選手名鑑】
松本 京志郎(光南) 【選手名鑑】
村越 祐野(学法石川) 【選手名鑑】
柳葉 潤(東日本国際大昌平) 【選手名鑑】
矢吹 栄希(聖光学院) 【選手名鑑】
湯浅 京己(聖光学院) 【選手名鑑】
会津 【高校別データ】
安達 【高校別データ】
安達東・川俣 【高校別データ】
磐城 【高校別データ】
いわき海星 【高校別データ】
いわき光洋 【高校別データ】
小高工 【高校別データ】
学法石川 【高校別データ】
光南 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
須賀川桐陽 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
田村 【高校別データ】
帝京安積 【高校別データ】
勿来工 【高校別データ】
日大東北 【高校別データ】
東日本国際大昌平 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
福島東 【高校別データ】
福島南 【高校別データ】
本宮 【高校別データ】
好間・遠野・四倉 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム