例年、県内の強豪校として君臨しながら新たなカラーを身に着け、一気に注目を浴びるチームがある。それが岐阜県の帝京可児だろう。今年は153キロ右腕・加藤 翼が中日から5位指名を受け、これまで大学で活躍する投手を次々と育成し、投手力の帝京大可児と印象づけた。そんな帝京可児のチーム作りに迫っていく。

怪我をさせないのが指導方針




ストレッチの様子(帝京大可児)

 チームを率いるのが田口聖記監督。現在は廃部となったシダックスに所属し、豊川高校時代は森福 允彦(元巨人)を擁して、2003年、2004年には2年連続で愛知大会準優勝を経験している。また、シダックス出身の指導者と練習試合を組んで交流を行い、チームをレベルアップさせている。

 そんな田口監督の野球は「投手を中心に守り勝つ野球」。そこを身上にチーム作りをしてきた。近年は元プロの田中祐貴コーチが就任したことで投手育成も進み、好投手として注目を浴びた本格派右腕・小坂惇也(星城大)、2018年夏のエース・近藤優(星城大)、2019年夏のエース・堀川隼人(愛知学院大)など多くの投手を育ててきた。

 今年の3年生は153キロ右腕の加藤だけではなく、140キロ後半の速球を投げる平良拳晨も擁し、着実にレベルが上がっていた。

 帝京可児の指導法に注目が集まるが、その前に、けがを防ぐことに徹底的にこだわっているということだ。球数も制限するなど、少しでも違和感があれば、投げさせない。元気に投げられる状態にしてマウンドに上げる。その一例としてプロ入りした加藤 翼は夏の初戦後に豆を潰した。もちろん勝つためには治療をしながら投げると言う選択肢もあるだろう。帝京可児の場合は敗れた岐阜第一戦まで登板がなく、岐阜第一戦も短いイニングを限定したものだった。

 投手に対しては無理をさせない調整を徹底としている。

 また怪我を防ぐには普段の練習から大事。投手も野手もストレッチをいくつも行い、キャッチボールから入る。進学校ゆえ長い練習時間はとれないが、そこだけはかからずやっていた。

 帝京可児はけがを防ぐことに気を付けていたが、それでも新チームスタート後、故障者が多く出てしまい、念入りに行うようになった。

 投手陣のキャッチボールを見ていくと、どの投手も非常に強い。プロ入りした加藤はこのキャッチボールこそ投球につながると言う考えで、実戦を意識して投げる。加藤はメカニズムを良くするためにオーバースローだけではなく、アンダースローでもキャッチボールをしていた。そこに指導者は入らない。各投手が工夫をしていて投げている様子が伝わった。

 例年、140キロを超える投手を育てる帝京可児。好投手として期待されるのが右腕の宮川 凛士。最速は140キロを超え、キャッチボールを見ても実に素晴らしいボールを投げていた。帝京可児の投手は中学時代から有名だったわけではない。岐阜の下呂出身の加藤は無名の存在。120キロ後半の速球は投げていたが、故障も多い投手だった。そういう投手が自発的にピッチング、トレーニングに取り組み、進化を果たしていった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。