• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 硬式に変わって僅か10年のチームが甲子園へ挑む!経験と自信を積んできた和歌山東(和歌山)【前編】

第629回 硬式に変わって僅か10年のチームが甲子園へ挑む!経験と自信を積んできた和歌山東(和歌山)【前編】2019年07月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【和歌山東の練習の様子をギャラリーでチェック】
[1]軟式野球部から硬式野球部へ
[2]冬場は主力を別メニューで徹底的に鍛え上げる

冬場は主力を別メニューで徹底的に鍛え上げる



棒を使ってストレッチをする和歌山東の選手たち

 和歌山東は中学時代に実績のある選手が少なく、勝負所でミスが出て勝ち切れないという課題があった。岡野こそ紀州ボーイズで智辯和歌山東妻 純平(3年)、根来 塁(3年)とともに中軸を打つ選手だったが、落合はヤングリーグの和歌山ビクトリーズで控え。センバツに出場した2校と比べ、実績とそれに付随する自信がなかったのだ。

 冬場は主力としての活躍を期待する8人を選抜。そのメンバーが大野 鉄太、岡﨑陸人、岡野、窪園天輝、西山忠(以上3年)、江川日翔、玉置隼翔、長島成汰(以上2年)だ。彼らは他の選手と別メニューで練習を行い、徹底的に鍛え上げた。その狙いを米原監督はこう語る。

 「全体で同じメニューをやっても意識の差がありますので、意識を上げてやっていかないといけない者を集めました。それで他の者の意識もちょっと上がればと思ったんです」

 この冬では外野手の窪園が「一番身体的には良くなった」と米原監督は評価する。さらに1年生の佐々木惇斗が入学早々に3番二塁手の定位置を獲得。春になってチームの核が着々とできてきた。

 春の初戦は強豪の箕島を相手に落合が好投を見せて4対3で勝利。続く3回戦は智辯和歌山と対戦することになったが、米原監督はこの試合で落合を登板させず身長185センチの大型右腕・野口聡大(3年)を先発させる。しかし、この試合では野口が誤算だった。初回に制球を乱して3失点。そのまま主導権を握ることができず、2対6で敗れた。

 前編はここまで。後編では夏の大会へのチームの取り組みや、智辯和歌山市立和歌山との意外な関係について迫っていきます。後編もお楽しみ!

(取材・馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1018回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第1013回 強気な投球で圧倒する!感謝の思いを示すために甲子園は譲れない 落合秀市(和歌山東)【後編】 【2019年インタビュー】
第1013回 控え投手からプロ注目投手へ!落合秀市(和歌山東)の野球道を変えた大きな試合【前編】 【2019年インタビュー】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
熊谷商vs和歌山東vs鶴岡東【2019年 練習試合(交流試合)・春】
智辯和歌山vs和歌山東【和歌山県 2019年春季大会 平成31年度春季和歌山県大会】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
第805回 2強時代の到来か?秋季和歌山大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第774回 秋季和歌山大会を徹底展望、高嶋監督勇退の智辯和歌山が本命か【大会展望・総括コラム】
和歌山東vs星林【和歌山県 2018年夏の大会 第100回選手権和歌山大会】
智辯和歌山vs和歌山東【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
高田商vs和歌山東【2016年秋の大会 平成28年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手 【2014年インタビュー】
第57回 東北福祉大学 伊藤直輝、吉田雅俊選手 【2010年インタビュー】
岡野 楓大(和歌山東) 【選手名鑑】
和歌山東 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム