第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】2019年04月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【目次】
[1]奥川はスイッチオフ?西は安定した投球
[2]途中合流でもしっかり爪痕を残した浅田 将汰(有明)

 4月5日から行われた高校日本代表研修合宿は座学、紅白戦、実戦形式の練習があり、非常に内容の濃いものであった。全国トップレベルの選手が切磋琢磨する姿は見ていて面白いものがあった。選手を分析するものからすれば、これ以上ない機会をいただき、感謝を申し上げたい。今回は西日本の投手のパフォーマンスを実際に考察していきたいと思う。

東日本編はこちら!
佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!

奥川はスイッチオフ?西は安定した投球



紅白戦で先発した奥川 恭伸(星稜)

奥川 恭伸星稜):投手/3年/183/82/右/右
 紅白戦で先発した時、「あんまりスイッチ入っていないなぁ...」というボールだった。本人は懸命に投げたというだろう。ただスピードガンは嘘をつかない。常時140キロ~143キロで、120キロ後半のスライダーを投げ分ける投球。スカウトもこの日の奥川は本気モードではないことを察知したのか、ずっとスピードガンを測ることはなかった。

 それでもこの投手の受け答え、異様な落ち着きぶりを見ると、やはり日本のエースとして託したいと思わせるものがあった。奥川が高校生のレベルを超えたピッチングができる投手であることはこれまでの公式戦で実証済み。しっかりと夏に標準を合わせてもらいたい。

浦松 巧啓新):投手/3年/173/68/右/右
 プレートの三塁側からインステップ気味に踏み込んで、120キロ後半ながら、横の角度で勝負できる右投手。ただ変則タイプが代表入りするにはよほどのボールがないと生き残れない。高いレベルを追求して取り組むことを期待したい。

前 佑囲斗津田学園):投手/3年/182/87/右/右
 甲子園では140キロ前半のストレートを投げ込んでいたが、紅白戦では130キロ中盤~135キロとマックスの調子ではなかった。ただ、回転数の高いストレートを両サイドに投げ分け、カットボール、スライダー、カーブを出し入れするピッチングは完成度が高く、余裕が感じられた。夏にかけて出力を高めて、これは凄いと思うストレートを投げられると、評価はもっと高まるだろう。

林 優樹近江):投手/3年/172/62/左/左
 左の技巧派では最も投球ができる投手。本人は「コントロール、テンポを大事にしています。それがなければ僕は抑えることができない」と語るように、130キロ前後のストレートをポンポン投げてストライクを稼ぎ、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げて打ち取る投球術は絶品。国際大会でも通用する投球術はあるが、あとは同世代の左腕との相対評価になるのではないだろうか。夏にかけてさらにレベルアップを遂げたい。

西 純矢創志学園):投手/3年/184/87/右/右
 速球、変化球、コントロールとすべてにおいて一級品と評することができる好投手。昨秋よりも腰回り、太ももががっしりして、しっかりと鍛えこんできたのが伺える。

 角度のある140キロ中盤の速球は素晴らしいものがあり、両サイドに投げ分け、スライダー、カーブ、縦スライダーをリズムよく投げ分ける。打たれても抑えても淡々と投球を組み立てる様子を見ると、これからも安定して活躍が期待できると実感させられた。

【次のページ】 途中合流でもしっかり爪痕を残した浅田 将汰(有明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第12回 札幌国際情報(北海道)有倉 雅史監督からの3つのキーワードに選手は「考えて」応える!【冬が僕らを強くする2020】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大札幌キャンパスvs大阪商大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
秋田修英 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
啓新 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
東海大札幌 【高校別データ】
羽黒 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム