第26回 ハイレベルな先輩、ライバルに刺激を受け、成長を見せてきた大型遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)2019年08月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 右、左に打ち分ける巧みなバットコントロールを武器とした打撃。そして安定感のある動きと強肩が光る遊撃守備が自慢のショートストップこそ、韮沢 雄也だ。今年の代表選手の中では唯一の3年連続で夏の甲子園出場を経験している。

 新潟県魚沼市出身の韮澤は新潟シニア時代から評判の遊撃手でジャイアンツカップ出場を経験。
 花咲徳栄進学後は1年生からベンチ入りを果たす。甲子園で出番がなかったとはいえ背番号16を付けて全国優勝を経験。当時、二遊間を守っていた千丸 剛岩瀬 誠良(深谷組)からは守備。打撃では西川 愛也(埼玉西武)の打撃フォーム、タイミングの取り方といった、全国制覇した先輩たちから多くのことを学んだ。

 一歩ずつ実力を身につけ、昨秋からはドラフト候補として注目されるまでに成長。そして今年の4月は高校野球日本代表候補の研修合宿に参加し、同じショートのポジションを守る選手たちの動きや、同世代のレベルが高い投手との対戦に刺激を受けながら、実力を高め、強力打線をけん引。夏の埼玉大会では準決勝で春日部共栄を破るなど、3度目の夏の甲子園出場を果たした。

 甲子園では初戦の明石商に敗れたが、それまでの活躍が認められて代表入り。主に3番ファーストとして試合に出場する韮澤は24日の駒澤大とのオープン戦で、右中間を破る二塁打を放つなど、存在感を示している。

 韓国入り後の打撃練習でも韮澤は無駄な力みがなく、軽く打っているように見えても、広角に長打を打つ姿はやはり非凡さがうかがえる。国内合宿からクリーンナップとして期待される韮澤。ハイレベルな投手と対戦しても、持ち前の対応力の高さを発揮して、勝利に貢献していきたい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
U18W杯で日本のライバル国・韓国を分析!
韓国で戦う高校日本代表の野手11人のストロングポイントを徹底分析!
3年連続の聖地へ!目指すは全国区のショートストップ!韮澤雄也(花咲徳栄)の決意
「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】
同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs聖望学園【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1039回 目的意識を持った打撃練習が生んだマルチヒット 安打製造機・韮澤雄也(花咲徳栄)が意識すること 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
韮沢 雄也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム