第45回 東海大仰星(大阪)「チームワークと打力で悲願の夏の甲子園出場へ!」2019年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]部員数72名の大所帯で頂点を目指す!
[2]南幸主将を支える副主将2人にインタビュー
[3]「やり切る事の大切さ」を第一に練習に励む

部員数72名の大所帯で頂点を目指す!



ハンマーをタイヤに振りかざすことで筋力アップを図る

■部活動が盛んな東海大仰星

 大阪府枚方市にある東海大学付属大阪仰星高等学校中等部・高等部。開校は昭和58年(1983年)。その後、平成8年(1996年)に中等部が設立された。東海大仰星は部活動が充実しており、ラグビー部・サッカー部は強豪。ラグビー部は2016年の第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会で準優勝を果たし、サッカー部は2016年の第95回全国高校サッカー選手権大会で第3位に入賞した全国クラスの強豪校である。

 野球部に目を移すと、メジャーリーグで活躍した建山義紀(元レンジャーズ)や上原浩治(現巨人)など多くのプロ野球選手を輩出している。近年の野球部の成績を見ると2000年に出場した第72回選抜高等学校野球大会以降全国大会の出場はないが、昨年夏の第100回 全国高等学校野球選手権記念 北大阪大会ではベスト4、秋の近畿地区高校野球大会 大阪府予選ではベスト8に進出しており、上位進出を果たしている。

■東海大仰星の環境は?今年のチームのウリは?

 現在は1年生36名、2年生36名、計72名の大所帯で活動する東海大仰星。活動場所は校内にある野球部専用グラウンドで練習に打ち込んでいる。

 そんな今年のチームには、3つのウリがある。
・団結力
・堅い守備
・打ちだしたら止まらない打線
 この3つを武器に、東海大仰星は「甲子園出場・優勝」という目標を掲げて日々練習に取り組んでいる。



素振り中の様子

■新チーム始まりを振り返って

 新チームスタート時は、「チーム全員が強い志を持っているチーム・まとまりがあり団結力の強いチーム」の2つのテーマで始まった。
 そんな中、臨んだ秋季大会準々決勝履正社戦。先制・追加点を挙げ「勝てるぞ」という雰囲気になっていた中、8回にエラーが続き同点に追いつかれ、9回のチャンスで勝ち越せず、その裏にサヨナラ満塁本塁打を打たれて敗退してしまった。その試合が南幸大地主将は最も印象に残っている試合となっており、このオフ「他のチームの投手を打ち崩せる打線・どんな時でも1つになれるチームワーク」の2つをテーマにトレーニングを重ねている。

■今年の東海大仰星の注目選手は?

 そんな今年の東海大仰星には10人の注目選手がいる。それが、山口智也、山本航、高田洸星、南幸大地、石川龍平、中務竜之介、松本聖矢、中田楓希、樋口裕士、江崎真尋の10名だ。

 その中ですごい長所を持っているのが、石川と山本の2名だ。
 石川はスイングスピードが速く、見た目以上のパワーがあり遠くにボールを飛ばせる力がある。また守備もチームの中でトップクラスである。
 山本は右打者の懐に投げ込めるコントロールや怖がらない気持ちの強さがある。とても信頼できる左投手と南幸主将は紹介する。

■この冬の意気込み

 「打線が強力でないと強いチームには勝てないと思います、なので毎試合10得点以上できるような強力打線になるためこれから頑張っていきます。」(南幸主将)

このページのトップへ

【次のページ】 南幸主将を支える副主将2人インタビュー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第648回 「女子野球に新しい風を吹かせたい」模索を続ける履正社女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第646回 日替わりヒロインで快進撃を見せた履正社女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
東海大仰星 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム