第1回 エンゼルス入団の大谷翔平、輝かしいキャリアを振り返る2017年12月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校での軌跡
[2]プロ入り後の軌跡

 12月9日(日本時間)、ポスティングシステムでMLB挑戦を表明していた大谷翔平投手(北海道日本ハム)がロサンゼルス・エンゼルスの入団が決まった。この決定に、日本のみならず、アメリカも大きく沸いた。そして12月10日(日本時間)、入団会見で大谷は意気込みを語り、背番号17を着けることも決定した。

 今回は大谷翔平投手のこれまでの活躍を年表で振り返っていこう。

高校での軌跡

高校時代の大谷翔平投手

■2010年
花巻東に入学
1年夏 盛岡中央戦で1イニング登板 1打数1安打
1年秋 147キロ到達
2011年
2年春 最速151キロを計測 県大会優勝
2年夏 怪我を抱えながらも甲子園出場
甲子園では初戦敗退 対帝京戦 最速150キロを計測(試合レポート

2年秋 左股関節の骨端線損傷で野手専念 東北大会ベスト4
5試合出場で打率.444
2012年
3年春 選抜出場決定
初戦で藤浪 晋太郎(現・阪神)擁する大阪桐蔭と対戦。藤浪から本塁打を放つも、8.2回を投げ、7安打9失点(自責5)と打ち込まれ、逆転負け。(試合レポート
3年夏 岩手大会準決勝 対一関学院戦(試合レポート)で160キロ計測。しかし決勝戦の盛岡大附に敗退。3度目の甲子園出場はならず。
3年夏 日本代表に選ばれ、5,6位決定戦の韓国戦で最速156キロを計測。野手中心の出場となり、9試合に出場し、34打数11安打を記録。
3年秋 9月19日にプロ志望届提出。10月21日の記者会見でメジャー希望挑戦を表明。
10月25日 北海道日本ハムファイターズが大谷をドラフト1位指名。
12月 北海道日本ハムファイターズ入団が決定。日本のプロ野球を経て、メジャーに挑戦することになった。

【次のページ】 :プロ入り後の軌跡

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第229回 佐々木朗希はプロでどこまで通用するのか、大谷と徹底比較!【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第1003回 「大谷2世」の言葉はまだ使わない 無限の可能性を秘めた山崎隆之介(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
第946回 関西屈指の野球センスを持った「次世代の二刀流候補」 谷口勇人(京田辺ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第913回 「球威」と「制球」を両立させた伸び盛りの本格派 清水樹(秦野リトルシニア) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム