第24回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】2019年06月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【西京ビックスターズの練習の様子をギャラリーでチェック】

【目次】
[1]ボールを確実に転がす巧みな戦術が全国制覇に繋がった
[2]『西京ビッグスターズの子は野球をよく知っている』

 今年の文部科学大臣杯第10回記念全日本少年春季軟式野球大会を制した西京ビッグスターズ。これまでに5回の全国制覇を誇る名門軟式クラブチームで卒団生には駒月 仁人(西武)や昨年に龍谷大平安のエースとして活躍した小寺 智也(近畿大)などがいる。
 全国大会で結果を出すだけでなく、卒団後も活躍している選手が多いのが特徴だ。勝利と育成を両立する強豪チームの取り組みは一体どんなものなのだろうか。

ボールを確実に転がす巧みな戦術が全国制覇に繋がった



ランナー三塁でしっかりとボールを転がす技術が全国制覇に繋がった

 平日の午後4時過ぎ、学校を終えた選手たちが次々と練習場である吉祥院公園野球場にやってきた。活動日は月曜日を除いた週6日で平日は4時頃から6時まで練習を行っている。

 チームを率いる宮本英一監督は「野球を通じて体力、技術の向上が第一。野球ができることに感謝して、高校野球に繋がる基本的なことを中学でしっかりやることです」と指導の基本方針を語る。

 実際に練習を見てみると野球の基本を叩きこむような取り組みが随所に見られた。まずはキャッチボール。肘を上げさせるためにめんこを投げるように上からボールを叩きつける動作を最初に行っている。こうした地道な努力を重ねることで、2年経てば綺麗な投げ方になっているのだという。

 キャッチボールの後はシート打撃を行っていた。走者一塁でのバント、エンドラン、三塁に走者を置いてのエンドランといった小技を取り入れたシチュエーションを取り入れている。主将の甚田時斗(3年)はこの練習が春の全国制覇に繋がったと感じたという。

 「優勝できたのは点を取れる時にしっかりと取れていたからだと思います。ランナー三塁でしっかりと転がすのは難しかったですけど、役に立ちました」

 軟式野球は硬式に比べてボールが飛ばないため、得点が入りにくい。だからこそ少ないチャンスで確実に得点を奪うことが勝利に大きく近づく。

【次のページ】 『西京ビッグスターズの子は野球をよく知っている』

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第1069回 次世代の大型スラッガー・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)の急成長にあった「右わき」を締めない意識【後編】 【2019年インタビュー】
第1069回 柳田悠岐、糸井嘉男を凌ぐスケールを持つ、ホームランの求道者・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1032回 152キロの剛腕サイド・村西良太を覚醒させた「昼寝」と「巨人・畠からの金言アドバイス」 【2019年インタビュー】
第1024回 エースになれなかった中・高時代 転機となったサイドスロー 近畿大の152キロ右腕・村西良太【前編】 【2019年インタビュー】
東山vs龍谷大平安【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs塔南【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第934回 逆襲の明徳義塾か、連覇期す高知商か、「1年生1番」森木 大智の高知か? 「3強」以外にも興味深い高知県の夏【高知大会展望】【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs日星【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs花園【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
明豊vs龍谷大平安【第91回選抜高等学校野球大会】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
小寺 智也(龍谷大平安) 【選手名鑑】
駒月 仁人(塔南) 【選手名鑑】
近大泉州 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム