目次

[1]恩師も先輩も納得する実力
[2]兄・教明と亜細亜大の存在が成長を促した

 ホームランを打った後のパフォーマンスとして見せる「熱男―!」で、野球ファンだけではなく多くの人たちに認知される福岡ソフトバンクホークス・松田 宣浩選手(中京出身)。

 2005年のドラフトで入団すると、2011年に初めてゴールデングラブ賞を受賞すると、2013年から7年連続受賞。2018年にはベストナインに輝くなど、名実ともに球界を代表する選手だ。そんな松田選手はどんな高校生だったのか。監督として岐阜・中京時代の3年間見守ってきた小嶋雅人さんにお話を聞かせてもらった。


恩師も先輩も納得する実力



監督として中京時代の3年間見守ってきた小嶋雅人さん

 小嶋さんが松田選手に出会ったのは入学してから。それまでは「凄い選手が入学してくる」というくらいの話までしか分からなかった。そこには小嶋さんの方に事情があった。

 「松田選手が入学する年度から硬式の監督に戻ったんです。それまでは軟式野球の監督をしていたので、硬式の方にはあまり関わっていなかったんです。だから、松田選手のことは『即レギュラーだろう』という話を聞くくらいで、それが本当なのか。入学するまではわかりませんでした」

 亜細亜大学卒業後に硬式野球部のコーチ、監督を務めていたものの、10年以上現場から離れていた小嶋さん。そのため、保護者のなかには小嶋さんのことを知らない人が多かった。そんななかで監督に復帰した小嶋さんは納得してもらうためにも「勝たなければいけない」という責任を感じながら春を迎え、松田選手のプレーを見る時がやってきた。その時のことを小嶋さんは次のように語る。

 「正直もう見た瞬間、『プロに行くだろう』と思いましたね。バッティングはライナー性で鋭い打球で1年生からホームランを打っていましたね。ただ特に光ったのは守備です。足が速いので守備範囲が広いんですが、肩が抜群に強くて、矢のような凄いボールを投げていました」

 噂通りの実力を持った松田選手を見た小嶋さんは、すぐに試合で起用。6番・ショートでスタメン出場させ、早くから実戦経験を積ませていった。ただ1つだけ小嶋さんは気にすることがあった。

 「入学したばかりの1年生がスタメン出場することで、先輩との間にトラブルが発生しないか。硬式野球部の生徒は全員寮生活でしたので、かなりのプレッシャーを感じながらになると思いましたので、神経を使いましたね」

 しかし心配を他所に、上級生は松田選手をのびのびプレーできるように接していたとのこと。小嶋さんから見ても力のある上級生だったとのことだが、「こういう選手がプロに行くことを感じたんだと思います」と先輩たちも認める実力で、松田選手はチームの戦力となった。