中央学院の投打の柱が連続本塁打!強心臓の西村の2失点完投勝利で初の甲子園へ

 西千葉大会の決勝戦は中央学院vs東京学館浦安とともに初出場がかかったチーム同士の対決となった。

 無死一、二塁から3番青木 優吾(1年)は併殺に終わり、二死二塁となったが、4番大谷 拓海(3年)がストレートをとらえ中前適時打。しかし東京学館浦安も反撃。好調を維持する1番増田 龍一(3年)が中前安打を放ち、その後、犠打で一死二塁のチャンスを作り、3番長尾 建輝(2年)が高めの速球をとらえ、左中間を破る適時二塁打で同点に追いつく。

 4回表、大谷 拓海(3年)、池田 翔(3年)の連続本塁打で突き放す。大谷は内角に入ったスライダーを逃さず右翼席へ。池田は高めのスライダーを逃さず、左翼席へ。ようやく決勝戦で2人の持ち味が出たといえるだろう。

 5回裏に1点を返されたが、6回表、二死一、二塁から西村の適時打、さらに二死二、三塁から8番手塚 歩夢(2年)の適時二塁打が飛び出し、6対2と突き放す。

 投げては西村が好投。右サイドの技巧派の西村はゆっくりと足を挙げたり、クイックで投げたり、早いモーションで投げたりとフォームに強弱をつけて打たせて取るピッチング。大谷が戦線離脱し、準々決勝まで投げられない中、大黒柱に成長した。彼を指導する主に投手を指導する菅井 聡コーチから昨年12月、彼について聞いたとき、「本当に気が強い投手」と強心臓ぶりを表していたが、それがこの夏の快投を生んだといっていいだろう。

 最後は併殺に打ち取り、初の甲子園出場を決めた。大谷が注目されるこのチームだが、大谷に頼らず個々の能力の底上げはずっと課題にしていたこと。またこれまでずっと課題にしていた守備も、徹底的に磨いた結果、内外野ともに基本的なスキルとともに向上しただけではなく、カットプレーが格段に良くなった。広い甲子園で十分勝負できるようになった。パワー野球が全盛の中、中央学院もその流れに乗って8本塁打。それよりも6試合で3失策でとどめた守備力も見逃せない。夏まで鍛えた守備力は広い甲子園でも十分に発揮してくれるはずだ。

 選抜では勝利まであとアウト1つというところで敗れた。忘れ物を取り返すために。中央学院旋風を甲子園で巻き起こす。

(文=河嶋 宗一)