2017年07月22日 ZOZOマリンスタジアム

東海大市原望洋vs専大松戸

2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

死闘!優勝候補同士の対決は東海大市原望洋のエース・金久保が決める

 東海大市原望洋金久保 優斗専大松戸川上 鳳之と、今年の千葉県を代表する右腕同士の投げ合いは、最後まで見離せない死闘となった。

 まず先制したのは東海大市原望洋。2番鯨井は遊ゴロ内野安打、3番藤本は二ゴロ失策で一死一、三塁。4番荒川は二塁内野安打。5番大野の場面で、ダブルスチール成功。さらに1点追加して、2対0。立ち上がり、落ち着かない専大松戸の守備陣の隙をついて先取点を奪った。しかしここからは、川上は立ち直りを見せる。専大松戸上沢 直之 原 嵩と2人の好投手をプロに輩出しているが、2人にはない長所とは何かといえば、カットボールだろう。球速は、130キロも超えるカットボールは手元でぐっと曲がり、鋭い変化を見せる。

 またストレートの平均球速も高い。初回から平均球速141.4キロ、2回表にはこの試合最速となる146キロを計測するだけではなく、平均球速143.1キロと、高校生トップクラスのスピードボールを投げ込んだ。川上が良いのは球持ちの良さ。自分のリリースポイントを把握しており、しっかりと回転数が高いストレートが投げられること。上沢、原のような角度の高さはないが、ストレートを思い通りにコントロールできる技術の高さが川上にはある。

 東海大市原望洋打線を抑え込んでいく。

 一方、東海大市原望洋金久保 優斗。金久保は2月のインタビューでも、制球力重視ながら、平均球速を高めていきたいと話をしていた。この夏の金久保はパワーアップを実現。いつでも、140キロ~145キロを投げられる投手となり、初回からマックス146キロを計測するだけではなく、平均球速143.1キロと格の違いを見せつけるピッチング。ワインドアップからゆったりと始動を行い、右スリークォーター気味から鋭く腕を振っていくフォーム。金久保自身、力の入れ加減が分かっており、140キロ前後のストレート、鋭角な曲がりをするスライダーとのコンビネーションで打者を打ち取っていった。

 しかし5回裏、専大松戸は9番尾川 龍馬(2年)が9番尾川が右超え三塁打。1番浅尾聖作(3年)の中前適時打を放ち、1点を返す。専大松戸は金久保から走者をためていき、7番平岩 大和(3年)は四球、8番川上は犠打、9番尾川は三振、1番浅尾は死球で二死一、二塁となって、2番昆野は金久保の144キロストレートを捉えて右超え適時三塁打で逆転に成功する。

【次のページ】 東海大市原望洋vs専大松戸(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
原 嵩(専大松戸)ら 両校合わせて4名がNPB入り!2015年夏の1回戦を戦った花巻東と専大松戸ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
原 嵩、渡邉 大樹がNPB入り!2015年の専大松戸ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
東海大市原望洋vs君津【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
専大松戸vs昭和学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第935回 【千葉大会総括】令和最初の千葉大会はノーシード8校がベスト16!戦国千葉に相応しい大会に【大会展望・総括コラム】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第954回 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
専大松戸 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (8)

東海大市原望洋望洋優勝だ高校野球ファン 2017.07.23
昨日の試合は本当に感動しました。絶対勝って甲子園行って下さい!
東海大市原望洋甲子園にあと2つ !!123 2017.07.23
金久保君の決勝ツーランさすがです!
ですが試合の勝敗の分岐点は同点の9回表の先頭打者、代打相内君のレフト前ヒットと9番打者疋田君が四球によって出塁した事ですね。2人とも春の選抜では試合に出場していませんでした。苦労人が最後に好機を演出してくれました。今年の望洋、ちょっと違います!
専大松戸決勝戦でもおかしくない期待してる君 2017.07.22
タイトルどおり決勝戦といってもおかしくない両校の試合
選抜出場と春県大会優勝チーム同士の戦いでしたね
ほんとハラハラしました
両チームともこれからの活躍に期待しています!
専大松戸がベスト8で敗れてしまうのはもったいないとも思いますが、望洋には甲子園に出場してほしいですね!
専大松戸お疲れ様、専修健児19期3年2組 2017.07.22
この試合への君達の躍動、全てが見事でした。
新チーム後、8月の秋地区予選~県大会、春の県大会、関東大会 全て現地応援行かせてもらいました。
夏も2試合目柏の葉、そして2年ぶりにマリンに連れてきて貰いました。
ありがとう~。\(^o^)/
先ずは身体を休め各々の次へスタートして下さい。
このチームは最高です。o(^-^)o
専大松戸名采配あぴぽ 2017.07.22
同点の9回裏に投手の川上君に代打を送ることも考えられる場面で、代打を送らなかった采配に拍手です。勝利至上主義ではなく、高校野球を学校教育の一環である一部活動として捉え、濱名君が故障し投げられない状況で、エースとしての責任を果たしてきた川上君を、最後の大会で逆転される迄続投させたこの采配に、教育者としての持丸監督の姿を改めて感じました。最後の大会で濱名君が投げられなかったのは残念ですが、1・2年生は先輩の雪辱を果たす為にも、選抜大会初出場目指してリスタートしましょう。
頑張れ 専大松戸野球部‼
東海大市原望洋頑張れ!!Hiro 2017.07.22
気を抜かずに、攻め続けよう!
専大松戸ガンバ!19期3年2組 2017.07.22
さあ! 気持ちを強く ガッツで勝つ‼
打倒 修松!クッキー 2017.07.22
昔、決勝で圧勝してる。自信を持って、気持ち引き締めて!

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る