享栄が7回に大府を逆転、9回のピンチも凌ぎ切って決勝進出

 最大5点差を8回に追いついて延長戦にもつれ込ませ、延長10回にも、2点を奪われながらその裏3点を返して、逆転サヨナラで準々決勝を勝ち上がってきた大府。チームとしての勢いはある。これに対して享栄は今大会でも優勝候補筆頭に推す声もあったが、5回戦は明和に苦戦した。それでも準々決勝は大同大大同にコールド勝ちしての進出である。

 前の試合の逆転サヨナラの勢いがある大府は初回、享栄の先発肥田君がやや硬く、不安定なところを突いて得点する。先頭の赤田君が中前打で出ると、盗塁バントで三塁まで進む。鈴木 創大君は四球で出て、盗塁で二三塁。ここで暴投が出て三塁走者が生還。さらに四球もあって二死一三塁となると、椎野君がしぶとく二塁手の頭上を越えて2点目が入った。

 肥田君は2回にも先頭の田村君に死球を与えると、大藤 敏行監督はここで早くも肥田君を諦めて左の濵田君を投入。しかし、大府の勢いは衰えず、バントなどで二死三塁とすると2番鈴木 翔太君が右前打で帰して3点目。

 3点を追いかける形となった享栄。4回にやっと大府の先発竹内君を捕まえる。一死から6番吉田君が遊内野安打で出ると、続く前川君は左中間深いところへ運ぶ三塁打で帰す。さらに、吉田君自身も大石君の右犠飛で帰って1点差とした。

 そして、大藤監督は、5回二死二塁という場面で早々に3人目の竹山君を送り出した。豊富な投手陣ではあるが、早め早めの切り替えである。竹山君は代わってから、4者連続で三振を奪うなど、最初からエンジン全開だった。

 大府の野田雄仁監督も6回から左腕の毛呂君を送り出し、打っては4番の竹内君はレフトに回った。