豊橋工に突如訪れた魔の6回だったが、それを覆したエースの劇的サヨナラ2ラン

 この春、21世紀枠代表として悲願の甲子園初出場を果たした豊橋工科。甲子園帰りの春季県大会では、初戦で至学館に敗退したということもあって、この夏はノーシードでの登場となった。初戦の入り方が注目されたが、この日の先発は、センバツ出場の原動力となった森 奎真君ではなく、本来は遊撃手の江川君だった。

 江川君が楽に投げられるように、豊橋工科としては早い回での得点が欲しいところだったが、初回にいきなり先制した。江川君がまずは無難に3人で抑えて迎えたその裏、豊橋工科は先頭の仲鉢君が四球を選ぶ。盗塁後バントで三塁へ進み、内野ゴロ失策の間に生還した。ただ、その後は彦坂君と森君の連打があったものの、追加点はならなかった。ここは、春日井西の長瀬君もよくこらえた。

 豊橋工科は4回にも彦坂君、森君、荒木君の3連打で追加点を挙げてなおも無死一二塁、バントで一死二三塁を作ったが、ここも後続が倒れて大量点にはならなかった。これが、後半へ尾を引くことになった。豊橋工科の林 泰盛監督としては、どこで森君にスイッチするのかというところもポイントとなりそうだったが、6回も江川君がそのままマウンドに立った。

 6回、春日井西は先頭の2番安藤君が四球で出ると、大平君のバントが内野安打となる。さらに、山口君のバントも、江川君のグラブをかすめていって無死満塁。6番倉又君はファウル3本で粘った後の8球目を叩いて、三塁手の頭上を鋭く破る二塁打で走者一掃。ここで、豊橋工科ベンチの林監督は左翼の守備から森君を呼び寄せて急遽マウンドへ送り出さざるをえなくなった。

 その交代直後、石川君のバントは内野安打となり、一三塁。続く、濱口君も右中間を破る三塁打を放ち、さらに2者が帰ってなおも無死三塁。長瀬君のスクイズでこの回6点が入った。森君も、突然のマウンドで落ち着かないままに投げたことで、バタついたということもあったのかもしれない。結局、この回だけで、バント安打2本に失策3つ、打者11人で6点が入るというビッグイニングになった。これで、一気に試合の流れも、球場の空気も変わってしまった。

 元々はちょっとした四球、そして人工芝の上でのバントの打球の微妙な変化。そして、思わぬことで慌ててしまった精神的な動揺もあったであろう。このあたりが、試合の流れの怖いところでもある。また、春日井西の各打者も、よく食いつきながらしっかりと振ってきていた。それが功を奏したとも言えよう。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!愛知県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会