試合レポート

北海vs日南学園

2016.08.18

大西健斗、昨年の屈辱を乗り越え、22年ぶりのベスト8に導く

北海vs日南学園 | 高校野球ドットコム
大西健斗投手(北海)

 北海のエース・北海 大西健斗。昨年2年生ながら甲子園のマウンドを踏んだが、1人もアウトを取ることができず、降板してしまった。そして故障に苦しみ、1年間まともに投げられなかったが、この夏に復活を遂げ、2年連続の甲子園出場を導いた投手である。

 2回戦ではアドゥワ誠の投げ合いを制し、勝利。右スリークォーターから常時135キロ~140キロ前後の速球には重量感が感じられ、内外角へきっちりと投げ分ける制球力があり、スライダー、フォークを低めに集める投球。ストライクを取ることに苦労していた昨年と比べるとまるで別人のようである。22年ぶりのベスト8をかけて臨んだ日南学園戦でも粘り強い投球を見せる。

 1回表、好調の4番・益田海成に適時打を打たれ1点を失うが、北海は2回に4番佐藤 大雅の中前安打などで二死三塁とすると、7番下方 忠嗣が左前適時打を放ちすぐさま同点に追いつく。

 北海はチャンスを多く作るが、日南学園の堅い守備で勝ち越し点を阻まれ、0が刻まれていく。だが8回、一死二塁のチャンスを作り、4番佐藤 大雅の適時打で1点を勝ち越すと、さらに5番川村 友斗が内角直球を振り抜き、ライトスタンドへ飛び込む2点本塁打。8回裏に、3点を奪った。

 リードは3点で十分。北海の先発・大西は打たせて取る投球に徹していたが、最後の2人は三振を狙いに行き、まず芳賀憲伸を140キロのストレートで空振り三振に打ち取ると、3番前田尚輝にはフォークで空振り三振。92球完投勝利で、ついにベスト8進出を決めたのであった。
 大西の制球力、ゲームメイク能力は素晴らしく、それでいて速球には球威があり、実戦派右腕へ大きく成長した。
 次は連日連投になってしまうが、今日のような粘り強い投球ができるか注目をしていきたい。

(文=河嶋宗一

北海vs日南学園 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2023.11.30

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.12.01

ドラフト3球団競合・高橋純平が引退!2015年ドラ1たち「8年後の明暗」、 メジャーリーガーからスカウト、軟式に転向した選手など多種多様

2023.11.30

「現役ドラフトの星」細川 成也(中日)の高校時代、「入学当初はまったくバットに当たらない選手」だった

2023.12.01

3球団競合1位も実働は1年のみ 高橋純平(ソフトバンク)が現役引退! 故障に苦しんだ日々

2023.11.30

2020年阪神ドラフトが早くも「伝説」レベル!MVP・新人王に3年連続20本塁打のスラッガーが誕生

2023.11.30

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.11.28

中日で復活を狙う中島宏之、24年前のドラフト同期はあの監督! じつに18人が逆指名で入団

2023.11.26

4年ぶりの神宮優勝の慶應義塾大卒業生の進路を発表!ソフトバンク廣瀬など継続者は7名!一般就職も大企業ばかり!

2023.11.25

【12月16日に開催!】NPBとメジャーで100名以上のトレーニングを指導! 凄腕トレーナーによる速球とスイングスピードを上げるセミナーを開催!!

2023.12.01

ドラフト3球団競合・高橋純平が引退!2015年ドラ1たち「8年後の明暗」、 メジャーリーガーからスカウト、軟式に転向した選手など多種多様

2023.11.30

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.11.11

決勝は国分中央VS神村学園

2023.11.03

「超高校級」と騒がれた4人が入団わずか3年で戦力外通告、現役続行なるか

2023.11.12

2度の指名漏れ 悔しさをぶつけた久保田拓真の3ラン!パナソニックが快勝!<社会人日本選手権>

2023.11.14

大学準硬式が生んだ剛腕・道崎亮太、甲子園で圧倒的な投球を見せて、拓けるか「プロへの扉」<大学準硬式甲子園大会開幕>